堀口恭司と青木真也が高校時代の部活を振り返る「監督の指示を無視していた」

タグ: , , , , 2020/7/10

 総合格闘技の青木真也と堀口恭司がAbemaTV企画で対談し、その「延長戦」で行われた対談の模様が8日、堀口自身のYouTubeチャンネルで公開された。

今や格闘技界を代表する選手となった両者だが、動画内ではお互いが幼少期に影響された試合、さらに相当厳しかったという高校時代について語っている。

・今すぐ読みたい→
無敗の男・那須川天心に堀口恭司「彼が負けるとするならば・・・」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-57/

プロレスラーになりたかったけど・・・

ー少年時代に見て影響された試合はありますか

堀口「僕はやっぱり山本KIDさんですね。テレビでやっていた試合はほとんど全部見てます。」

青木「これは世代的な問題かもしれないんですが、僕らの時代は格闘技とプロレスが混ざっていたんですよ。なので最初に影響をうけたものって、新日本プロレスとかなんですよね。」

と、それぞれ影響された試合を語ると、

青木「プロレスラーになりたいと思っていたんですが、いかんせん当時プロレスラーになるには180cm100kgというのがあって・・・。流石に100kgは無理だと思い、それでもできる格闘技としてあがったのがシュートでした。」

と当時の風潮を交えたエピソードも披露した。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧