中嶋一貴らが駆るトヨタ8号車がルマン3連覇を達成 小林可夢偉は来年こそ「忘れ物」を取りに行く

タグ: , , , 2020/9/22

 世界3大レースにも数えられるルマン24時間レースが19、20日にかけて仏ルマン郊外のサルトサーキットで決勝が行われ、中嶋一貴(35)らが駆るトヨタ8号車が3連覇を果たした。大会3連覇は過去に8人しかおらず、一緒に「トヨタTS050ハイブリッド」を操ったセバスチャン・ブエミ(スイス)とともに3連覇ドライバーの仲間入りを果たした。

・今すぐ読みたい→
「今度こそ国民栄誉賞ものの快挙ではないか」との声も 佐藤琢磨が3年ぶり2度目のインディ500優勝 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/takumasato-historical-achievement/

表彰台で総合3位を表彰される小林可夢偉らトヨタ7号車のメンバー(トヨタ提供)


 その陰で涙をのんだドライバーもいた。チームメートで7号車をドライブした小林可夢偉(34)だ。ポールポジションから首位を独走していたが、スタートから12時間経過後に排気マニホールドの破損によるターボトラブルに見舞われ、修復による長時間のピットストップで後退。トップから6周遅れの総合3位でフィニッシュした。

 不運だったのは今年だけではない。昨年もトップを快走しながら、残り1時間でタイヤのスローパンクとセンサートラブルに見舞われ、一貴らの8号車に勝利を譲る形となった。2017年も首位走行中にクラッチが壊れてリタイアを喫した。

 チームの総代表を務めるトヨタ自動車の豊田章男社長も「7号車のマイク(コンウェイ)、ホセ(マリア・ロペス)、可夢偉の3人には、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。可夢偉は『忘れ物を取りに行ってくる』と言って、この決勝に向かっていきました。ここ数年の彼のル・マンを見ていれば、そんな気持ちでいることも、よく分かります」と慰めた。

 トヨタが複数のマシンで臨むのは、1台よりも2台の方が実走データが多く取れるということもあるが、1台のマシンに不測のトラブルが起きた時に、もう1台のマシンでバックアップ対応ができるため。今年の大会はまさにそれだった。





 16年に初優勝がかかっていた一貴の8号車がゴール目前でスローダウンし、ポルシェに逆転勝利をさらわれた。そのときは可夢偉の7号車が総合2位に入った。トヨタがルマンに復帰した2013年以降にトップ争いで波乱が起きなかったのはトヨタが初優勝とワンツーを飾った18年だけ。24時間レースは車両の耐久性も試されるため、速さが際だっていても勝てないことが多い。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧