ロッテ・今岡二軍監督を変えた星野仙一さんの言葉とは?整えてくれた環境とは【千葉ロッテ選手が大切にDOする言葉】

タグ: , , 2019/3/25

 心の大事さを、身を持って知っている。

 だから、千葉ロッテマリーンズの今岡真訪二軍監督が大事にしているのは、どのようにして選手たちの心を動かすかという事だ。自分自身、現役時代に心を動かされ、人生が変わった。だから、二軍監督を任されている今、日夜、頭を巡らし探しているのは選手たちの心を動かす言葉であり、タイミングだ。

(c)千葉ロッテマリーンズ

・合わせて読みたい→
大隣憲司コーチが小久保さんに怒られて気付いた事 【千葉ロッテ選手が大切にDOする言葉】(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kenjiotonari-important-word/)

能力はあるけど、ムラがあった…


 「自分は星野監督の言葉で変わることができた。若い頃はムラのある選手だった。そんなオレが星野監督と出会って変わる事が出来た。いつも言葉で自分をやる気にさせてくれた。奮い立たせてくれた。この人のために頑張ろうと思えた。昨年から、二軍監督をやらせてもらっている。逆の立場になった。選手たちにどのような言葉をどのタイミングにかければ、響くのか。いつもその事を考えている」

 懐かしそうに2018年1月に亡くなった故・星野仙一氏との思い出を振り返った。星野氏は02年に阪神タイガースの監督に就任。当時、プロ6年目でタイガースの主力格であった今岡は、能力は高いが、波のある選手という評価を世間から受けていた。それでもプロ1年目の97年は98試合に出場。98年、99年、01年と120試合以上に出場している。輝かしい実績は残したとはいえない一方で、タイガースのレギュラー格であるという自負はあった。

 それゆえ世間の評価、論評には少なからず複雑な想いを抱えていた。若さゆえの尖った部分も混在していた。心はいつも体の中心にはなく、右にいったり左へと動いていたりした時期だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧