元3階級制覇王者ロマチェンコと対決する中谷正義「あるのは自信だけ。ぶっ倒します!」

タグ: , , , , 2021/5/14

 ライト級で WBO5位、WBC7位、IBF1位にランクされる元東洋太平洋王者の中谷正義(32=帝拳)が6月26日(日本時間27日)、アメリカのネバダ州ラスベガスのヴァージン・ホテルで元世界3階級制覇王者のワシル・ロマチェンコ(33=ウクライナ)と対戦することになった。ロマチェンコは昨秋に WBA、WBC、WBOのライト級王座を失ったが、それまでは体重の壁を取り払った最強ランキング「パウンド・フォー・パウンド」でナンバー1の評価もあった実力者。そんな高くて厚い壁と拳を交える中谷も、アメリカで行った直近の2戦で強豪相手に印象的な戦いをして株を上げている。

「カギは左ボディブロー。前半でペースを取りたい」と中谷は臆することなく策の一端まで明かす。そして「自信しかない。ぶっ倒しますよ」と強気だ。

WOWOW

・今すぐ読みたい→
井上尚弥ラスベガス防衛戦「相手に何もさせずに勝つ」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/naoyainoue-defensive-match-at-lasvegas/

海外でも評価上昇中 「英語で書いてあるので実感がない」


――ロマチェンコ戦が決まったとき、どんな気持ちでしたか。
中谷「2ヶ月半ぐらい前、ジムで練習中に本田(明彦)会長から『やるか?』と聞かれたので、その場で『やります』と答えました。素直に試合ができること、ロマチェンコと戦えることは嬉しいんですが、ロマチェンコが(テオフィモ・ロペスに)負ける前だったらもっと嬉しい気持ちが強かったと思います」

――そのロペス戦、中谷選手はどう感じましたか。
中谷「ロペスが良い戦いをしたけれど、ロマチェンコもいつもの動きとは違ったと感じました。特に前半、手数が少な過ぎました。判定に関してはいろいろ言われていますが、負けになっても仕方ないかなと…」

――中谷選手はそのロペスとも戦っています(2019年7月に12回判定負け)。そのロペスの印象も聞かせてください。
中谷「僕と戦ったときのロペスは『どんなふうに倒してやろうか』という感じでなめていたと思います。計量の前に寝転んでいたので体調もベストではなかったんじゃないですかね。ロペスに対するこだわりはないけれど、負けたままでは終われないという気持ちはあります」

――そういえばロペスに敗れたあと、一度は引退しましたよね。
中谷「僕はアマチュア時代、散々負けてきたんです。本来やるべき練習をやらず、妥協した練習をして、その結果、負けていた。そんな甘えを捨てるため、プロになったときに『1回負けたらやめる』と決めたんです。でも、やめたあと大学の先輩が石田順裕さん(元 WBA 暫定世界スーパー・ウェルター級王者、現寝屋川石田ジム会長)と食事する機会をつくってくれ、そこで石田さんの話を聞いて『もう1回挑戦してもいいかな』と」





――中谷選手はそのロペス戦、復帰戦となった昨年 12 月のフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ=中谷が9回TKO勝ち)との試合、いずれもアメリカで実績を残し、海外でも評価が上昇中ですね。
中谷「英語で書いてあることは分からないので、正直いって実感がないですね(笑)」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧