田中将大、菊池雄星との対決が消滅?初のMLB日本人対決は?歴代最多対戦は?

タグ: , , 2019/4/24

 ヤンキース・田中将大投手の次回先発予定が二転三転する事態となった。予想されていたローテーション通りだと、25日のエンゼルス戦に先発予定だった。アーロン・ブーン監督は「13連戦中なので、先発投手を1日多く休ませたい」とマイナー投手を昇格させて1日挟むことで、先発投手陣全員の登板予定日が後ろに1日ずらされた。田中は26日のジャイアンツ戦に先発すると、メジャーリーグ公式ホームページにも記載された。


 ところが、そう発表した直後の試合が延長14回にまでもつれる長い試合となった。ブーン監督は試合後、昇格させ先発予定だったマイナー投手を、疲弊した中継ぎ陣のカバーへブルペンに入れることを発表した。先発投手陣に1日のエキストラレストを与えることは叶わず、田中は当初想定通りに25日のエンゼルス戦に先発することに予定が戻された。

 これによって一時浮上し、消滅したのがマリナーズ・菊池雄星投手との投げ合いだった。菊池の次回登板は26日のレンジャーズ戦。ヤンキースとマリナーズは5月6日からニューヨークで4連戦が組まれている。仮に田中が26日のジャイアンツ戦に先発し、その後両チームとも順当に進めば、5月8日に2人が先発で投げ合う可能性が高かった。だが、二転三転の末、田中の登板予定が元に戻り、投げ合いは両チームが再び顔を合わせる8月26~28日のシアトルでの3連戦まで持ち越す公算が大きくなった。

・合わせて読みたい→
ノムさんが選ぶ「平成ベストナイン」 とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/katsuyanomura-heisei-best-nine/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧