日本人投手はMLBから1年目がピークと見られてる?? 雄星が変則オプションの長期契約

タグ: , 2019/2/4

 西武からポスティングシステムを利用してマリナーズに入団した菊池雄星投手が3日、1年目のシーズンへ向けて渡米した。変則オプション付きで最長7年となる異例の長期契約。もっともルーキーイヤーから、その真価が問われる事となる。

 というのも、メジャーリーグに挑戦した日本人投手は、1年目に良い結果を残し、2年目以降は成績を下降させる傾向が強いからだ。

・合わせて読みたい→
イチロー「50歳までは現役」 球界最年長の各記録は?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/ichiro-active-duty-up-to-50-years-of-age/)


 最近で見れば、ヤンキース・田中将大、ドジャース・前田健太はその類にあたる。

 田中は楽天時代の24勝0敗という勢いのまま、新人だった2014年開幕から快進撃。6月には一時防御率1・99となるなど、前半戦を12勝4敗、防御率2・51で終え、サイ・ヤング賞候補に挙げられた。だが、右肘の靱帯損傷で離脱。1年目を13勝5敗、防御率2・77で終えると、2年目は12勝7敗、防御率3・51と数字が悪化。以降もコンスタントに活躍しているものの、防御率2点台はなく、1年目を上回るインパクトは残せていない。

 前田は新人だった2016年に32試合、175回2/3を投げ、16勝11敗、防御率3・48。だが、2年目以降は中継ぎでの起用も増えて規定投球回には達せず、2017年が13勝6敗、防御率4・22、2018年が8勝10敗、防御率3・81。こちらも1年目がキャリアハイという現在地だ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧