イチロー「50歳までは現役」 球界最年長の各記録は?

タグ: , , 2019/1/27

 イチロー外野手がマリナーズとマイナー契約を結んだことが、24日に正式に発表された。現在45歳。今年10月22日には46歳を迎える。

 キャンプには招待選手として参加するが、3月20、21日に東京ドームで行われるアスレチックスとの開幕2連戦には、メジャー契約に切り替わり出場する見込み。日米通じて、現役日本人選手では最年長となる。

・合わせて読みたい→
イチロー、マ軍とマイナー契約 日本開幕戦で出場するには!?川崎宗則、大谷翔平等のケースetc.(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/ichiro-minor-league-contract/)


 では日本球界の現役最年長は誰になるのか。これは元メジャーリーガーの巨人・上原浩治投手。開幕直後の4月3日に44歳となる。野手ではロッテ・福浦和也外野手で現在43歳。今季限りでの引退を表明し、誕生日は12月14日のため、43歳のままユニホームを脱ぐことになる。

 日本プロ野球の歴史を振り返れば、投手としての最年長記録は元中日の山本昌がほぼ全ての最年長記録を塗り替えた。50歳2カ月で最年長出場、登板、先発を記録。最年長勝利は49歳で。その山本昌が更新するまで、64年間にわたり最年長記録を保持し続けていたレジェンドの存在は、名前以外はあまり知られていない。広島県呉市出身の故・浜崎真二さん。

 阪急でプレーした浜崎は、投手と外野手をこなした二刀流だけでなく、かつ兼任監督という三刀流。そもそもプロ入りした1947年の時点で45歳という高齢だった。広島商と神戸商の2校で夏の甲子園に出場。慶応大卒業後、長く満州倶楽部で実業団選手としてプレーし、日米野球にも出場していた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧