ヤクルト村上 史上最年少100号! 飛躍の裏に「大谷打法」と「愛され力」

タグ: , , 2021/9/20

 さすが大物だ。ヤクルト・村上宗隆内野手(21)は19日の広島戦(神宮)初回に右翼席へ今季35号ソロを放ち、通算100本塁打をマーク。21歳7カ月での到達は、1989年西武・清原和博の21歳9カ月を抜き、プロ野球史上最年少記録となった。

・今すぐ読みたい→
ヤクルト村上が最年少100号で立場逆転!ライバル清宮「アーチ競演」は2軍の厳しい現実 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/munetakamurakami-no100-homerun/


●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!



 
 秋晴れとなった神宮の空にメモリアルアーチをかけた。

 初回一死、2ボールから広島高橋昂の変化球を捉えると、打った瞬間にそれと分かる打球はヤクルトファンの待つ右翼席へスタンドイン。ゆっくりとダイヤモンドを1周した若き主砲は地元熊本から観戦に訪れた両親の目前での節目の1打をかみしめた。

「両親が見にきていた。僕が打たないと帰れないかなと思ったので、打ててよかった」と安堵の表情を浮かべた。

 プロ4年目にして節目の記録に到達。現在も巨人・岡本と本塁打王争いを繰り広げるなど、球界屈指の長距離砲に成長した裏には何ごとも柔軟に取り組む姿勢が大きい。これまでも多くのプレーヤーを打撃の参考にしてきた中で、今季はエンゼルス・大谷の打法に注目。同じ左打者として、左足の使い方を参考にしながら、いかに強く打球を前に押し込むかを学んだという。





 さらに今夏の東京五輪では最年少メンバーとして野球の侍ジャパンでも躍動。大一番となった米国戦でも先制のアーチをかけるなど結果を残したが、舞台裏でもその存在感を発揮していたという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧