ヤクルト村上が最年少100号で立場逆転!ライバル清宮「アーチ競演」は2軍の厳しい現実

タグ: , , , 2021/9/20

 ヤクルト村上宗隆内野手(21)がプロ野球史上最年少で通算100本塁打に到達した。19日広島戦(神宮)で右翼席に今季35号を放ち、西武清原(89年)の21歳9か月を抜く、21歳7か月での達成となった。

・今すぐ読みたい→
ヤクルト村上 史上最年少100号! 飛躍の裏に「大谷打法」と「愛され力」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/munetakamurakami-no100-homerun-02/


●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!



 
【通算100本塁打の年少記録】※=現役

1、村上宗隆※(ヤクルト)21歳7カ月(21年)
2、清原和博(西武)21歳9カ月(89年)
3、中西太(西鉄)22歳3カ月(55年)
4、松井秀喜(巨人)22歳10カ月(97年)
5、張本勲(東映)23歳0カ月(63年)
6、王貞治(巨人)23歳2カ月(63年)
7、豊田泰光(西鉄)23歳4カ月(58年)
8、土井正博(近鉄)23歳5カ月(67年)
9、掛布雅之(阪神)23歳11カ月(79年)
10、山田哲人※(ヤクルト)23歳0カ月(63年)

 高卒で早くから本塁打をかっ飛ばすような選手だけに、上位はいずれもスーパースターばかり。現役では、チーム先輩の「トリプルスリー男」山田でも23歳での到達。データでは将来の活躍に太鼓判を押されたようなもので、若き21歳主砲の未来は明るい。





 村上が活躍すればするほど、比較対象として名を挙げられる運命にあるのが日本ハム清宮幸太郎(21)だ。2017年ドラフトで、ともに高卒で1位入団したが、村上は清宮の「外れ1位」だった。7球団にドラフト1位指名を受け、期待度も注目度も群を抜いていた清宮は現在、2軍で伸び悩みが続いており、プロ入り前後で立場は逆転した。

 偶然か、2人の本塁打と給料の関係がリンクしている。100本塁打で今季推定年俸1億円の村上に対し、清宮は1軍通算21本塁打で年俸2200万円。1発100万円などと単純計算できるものではないが、本塁打も年俸も約「5倍」の差がついたデータは興味深い。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧