巨人・正二塁手問題は決着か 吉川好調も「ひそむワナ」とは

タグ: , , 2022/4/20

 巨人の新リードオフマン、吉川尚輝内野手(27)が躍動している。

 巨人は首位攻防戦となった19日の広島戦(東京ドーム)に3―1で勝利。先発・戸郷の好投、キャプテン坂本の3号ソロなど攻守かみあっての快勝劇で再びの首位奪取を果たしたがチームを支えたのは、二塁手、吉川の好守備も大きかった。

・今すぐ読みたい→
日ハム・清宮 勝負の5年目 レギュラー獲りに求められる「条件」とは ミスターファイターズが語る https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kotarokiyomiya-required-conditions/



 ビッグプレーが飛び出したのは7回一死一、三塁の場面だ。上本のどん詰まりの当たりをワンバウンドで捕球すると、スタートが遅れた一塁走者・大盛にタッチ。その後、すぐさま一塁ベースを踏み併殺打とした。この日は二回一死一、二塁の場面でも大盛の二ゴロをさばくと先に走者をアウトにしてから併殺を奪った。さらに4回一死では、自身の頭上を越えるぎりぎりの小園の打球をジャンピングキャッチ。これには打った小園も悔しそうな表情を隠せなかった。再三の好守で広島の反撃を阻止した吉川の守備に関しては原監督も「守備力が非常に良かった。頭脳的で状況判断ができたダブルプレーを2つ取ってくれましたね」と最敬礼。

 この日は5打数無安打で連続試合安打は「14」でストップとなったが、打率・346はリーグ3位、出塁率・407(19日現在)と新リードオフマンとして力をいかんなく発揮している。





 今季から背番号が「2」に変更。これには吉川の自覚を促す意味も込められているという。

 「チームにとって長年の課題である正二塁手候補として原監督も吉川には非常に目をかけています。一方で彼は故障がちで、スタミナ面の問題もある。そこさえクリアできれば、坂本、岡本和に次ぐ生え抜きの不動のレギュラーとして定着できると見られています」(放送関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧