ロッテの佐々木朗希投手が「8回完全」のまま降板 中6日が基本のNPBで「100球めど」に賛否の声

タグ: , , 2022/4/20

 ロッテの佐々木朗希投手(20)が17日の日本ハム戦(ZOZOマリン)に先発登板。8回を投げて1人も走者を許さなかったが、球数が102球に達して降板。史上初の2試合連続完全試合を果たすことはできなかった。

・今すぐ読みたい→
日ハム・清宮 勝負の5年目 レギュラー獲りに求められる「条件」とは ミスターファイターズが語る https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kotarokiyomiya-required-conditions/



 大記録目前でマウンドを降りたことが議論を呼んでいるが、昨季までロッテで投手コーチを務め、現在は現場を離れてピッチングコーディネーターの役職に就いた吉井理人氏は自身のブログでチームの判断を支持した。

 「ついつい目先の勝利や記録にとらわれ、選手に無理をさせてしまうことがあるのですが、良い判断だったと思います。プロ野球は長期戦なので、選手のコンディションを考えながら勝利を目指すことが大事だと思っています」とつづったほか、「佐々木は1年間フルに戦ったことのない見習い投手です。(もはや見習いとは言えない実力だが)壊れてからでは、遅いのです」と続け、あの試合ではむしろ6回で交代させた方が良かったとの私見を交えた。

 吉井氏は佐々木朗が入団1年目のときに投手コーチとして指導にあたり、1年目は基礎体力づくりに専念させて2軍を含めて実戦登板させなかった。2年目の昨季も1軍デビューさせたものの、シーズン終盤に入るまで登板直後に出場登録を抹消させて中10日以上の登板間隔を空けさせていた。





 佐々木朗は高校時代に163キロを投げていた豪腕の持ち主だけに無理して投げれば、肘や肩に致命的な故障が発生しかねない。肩の強度が増すまでは常に慎重に調整をさせていた。だから昨季は11試合の先発登板にとどまり、シーズンの勝ち星も3勝に終わった。

 その一方で先発投手の球数のめどが100球でいいのか賛否を呼んだ。大リーグの先発投手は中4日の登板が基本ながら、こちらも降板の目安は100球。中6日を基本とする日本のプロ野球はもっと球数が多くても良いのではないかとの意見もある。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧