井上尚哉が『リング』誌の最新PFPランクで2位にダウン!1位はジョシュア撃破のウシクが返り咲き

タグ: , , , 2022/8/25

(C)CoCoKARAnext

 世界で最も権威あるボクシング米老舗専門誌『The RING』は24日(日本時間25日)、階級を超えた最強ボクサーを決めるパウンド・フォー・パウンド(PFP)の最新ランキングを発表。WBAスーパー、IBF、WBC世界バンタム級3団体統一王者の井上尚弥(大橋)は2位にダウンし、今月のWBAスーパー、IBF、WBO世界ヘビー級タイトルマッチで初防衛に成功したオレサンドル・ウシク(ウクライナ)が1位に返り咲いた。

【動画】「次元が違う!」井上尚弥がドネアをマットに沈めた2Rの圧巻KOシーンをチェック!

 井上が『The RING』誌のPFPで初めて1位に輝いたのは6月のこと。WBCバンタム級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との3団体統一戦で2ラウンドTKO勝ちを収め、その圧倒的な強さで世界を唸らせた直後のランキングで、日本人初となる”世界最強”の称号を得ていた。

 今回、1位に返り咲いたウシクは、今月20日(日本時間21日)にサウジアラビアのジェッダで行われたアンソニー・ジョシュア(英国)との再戦に2-1の12回判定勝ちを収めて、改めて強さを誇示した。20戦20勝(13KO)と無敗をキープしたウクライナの英雄は、試合後に「彼は私と戦いたいし、私も彼と戦いたい」と発言するなど、WBC同級王者のタイソン・フューリーとの4団体統一戦を熱望している。

 『The RING』の最新PFPランキングは下記のとおり。

1位 オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)
2位 井上尚弥(大橋)
3位 テレンス・クロフォード(米国)
4位 エロール・スペンスJr.(米国)
5位 カネロ・アルバレス(メキシコ)
6位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
7位 ドミトリー・ビボル(ロシア)
8位 ジョシュ・テイラー(英国)
9位 ジャーメル・チャーロ(米国)
10位 アルツール・ベテルビエフ(ロシア)





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】井上尚弥の肉体を「進化」させた食事・栄養改革。プロテインを使うようになった理由とその使い分けは?
【関連記事】井上尚弥の4団体統一戦が12月13日に日本開催と米報道!本人は20日に「来月からかっ飛ばす!!」と宣言
【フォトギャラリー】ドネア戦の激闘を振り返る!“地球上で最強のアスリート” 井上尚弥を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧