階級転向の井上尚弥には「より重いタスクが待っている」 米メディアが展望!フルトン戦は最も望まれる試合となるかもしれない」

タグ: , , , , , , , 2022/12/15

(C)PXB WORLD SPIRITS / フェニックスバトル・パートナーズ

 アジア人として初のボクシング主要4団体統一王者となった井上尚弥。12月13日に行われたポール・バトラーとの一戦では、消極的な戦い方だった相手に対し、ノーガードで向き合う場面もみられ、これまでにない一面をみせた。そして、11ラウンドでの決着となったこの試合では、終始、そのスタミナや追い込む圧力、最後のフィニッシュで、王者としての説得力と格の違いを見せつけた。

 試合翌日の会見では、スーパーバンタム級への転向や、再び統一王座を目指すことも語っている。すでに、その意思があることは広く知れ渡っているものの、4本のベルトを手にしたことで、世界中のファンやメディアでは、さらに具体的なイメージを描き始めている。

【関連記事】偉業達成の井上尚弥はスーパーバンタム級でも輝くか?米メディアが展望!対フルトンは「イノウエが有利なのは間違いない」






「イノウエにはこの先、何が待っているのだろうか?」

 そう問いかけているのは、米ボクシングサイト『BOXINGSCENE.com』だ。井上が4王座統一を果たしたことを受け、特集記事の中で予想される今後の対戦相手の分析や、転向後への期待も綴っている。

 同メディアは「イノウエ対バトラーは、特にエンターテインメント性の高い試合ではなかった。バトラーに現実的な勝算があるとは誰も思っていなかったし、バトラーもイノウエもそれをわかっているかのように戦っていた」と試合を振り返り、実力差を指摘した。

 その上で「より重いタスクが待ち受けている。スーパーバンタムでは2人の統一王者がいる」と階級転向後の対戦が有力視される相手として、WBC/WBO王者のスティーブン・フルトンとWBA/IBF王者であるムロジョン・アフマダリエフを挙げている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧