階級転向の井上尚弥に立ちはだかる「5人の刺客」を米メディアが紹介!フルトン、アフマダリエフ、ネリ等との対戦熱望の声

タグ: , , , , , , 2023/1/15

(C)Getty Images

 プロボクシングの4団体統一世界バンタム級王者の井上尚弥が1月13日に会見を開き、WBA、WBC、IBF、WBOの4王座を全て返上すると発表した。併せて、スーパーバンタム級への転向も正式に表明している。

 日本人初の4団体王座統一という偉業を果たし、会見の場でも「バンタム級でやり残したことはない。ここから先が本当の戦いになっていくと思う」と強い決意を表していた井上。新たな戦いに向かう「モンスター」には、すでに海外から新階級における対戦相手の話題も持ち上がっている。

【関連記事】偉業達成の井上尚弥はスーパーバンタム級でも輝くか?米メディアが展望!対フルトンは「イノウエが有利なのは間違いない」






 米スポーツメディア『The Sporting News』ではスーパーバンタム級を主戦とする5名のボクサーを紹介しており、井上との対戦の可能性を探っている。

 1人目は、現在もボクシングファン、関係者の間で井上戦が組まれることを熱望されているスティーブン・フルトン(米国)。WBC&WBO統一王者に対し同メディアは「ファンや専門家の多くは、フルトンが “ザ・モンスター “を脱線させる最高のチャンスを持っていると感じている」とフルトン優位と述べるも、ブランドン・フィゲロア(米国)とWBC世界フェザー級暫定王座決定戦を行うことが決定していることに触れ、「もし、これが恒久的な体重アップであれば、フルトン対イノウエは水の泡になる可能性がある」と指摘した。

 2人目にはムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)の名前を挙げている。こちらもIBF&WBA同級の2団体王者であり、井上のパワーがどこまで通用するかが見所だとしながら「ひとつだけ確かなことは、この対戦は非常にエキサイティングなものになるだろうということだ」と期待を寄せている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧