井上尚弥の4団体統一戦は英国開催?バトラーが一転要求「チャンスが欲しければ…」

タグ: , , 2022/7/8

井上はドネア戦後「4団体統一が年内に叶うなら、まだバンタム級で戦う。もし叶わないならば、スーパーバンタムに上げて新たなステージで頂点していきたい」と語っていた。(C)CoCoKARAnext

 日本が誇る”モンスター”の4団体統一戦は、一体どこで行われるのか?

 今年の年末開催に向け、WBAスーパー、WBC、IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)と、WBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(英国)の交渉が進むと言われる中、この度バトラー本人が新たな意向を示したと、英プロモート会社『Probellum』の公式サイトが伝えている。

【動画】「次元が違う!」井上尚弥がドネアをマットに沈めた2Rの圧巻KOシーンをチェック!

 同サイトによれば、バトラーはジムワークに復帰したようで、井上との4団体統一戦にも引き続き前向きな様子。とはいえ、「日本での対戦でも構わない」と語っていた以前とは風向きが変わっており、「バトラーは “モンスター “が4団体統一チャンピオンになるチャンスが欲しければ、英国で戦う準備をするべきだと主張している」という。

 井上自身は開催地へのこだわりはなく、「日本でもアメリカでもイギリスでもどこでもいい」と語っているが、コンディション調整や母国開催でのホームアドバンテージ等を考えれば、やはり日本で試合を行うのがベストだろう。

 バトラーは現在、コーチのジョー・ギャラガーとともに「週5日、1日1セッション」を行っているようで、「トレーニングに完全に戻る前に、体力の基礎を固めているところだ」という。また、「イノウエのことはまだ研究していないが、もし試合が決まったら、彼のことで頭がいっぱいになるのは分かっている」と語ったようだ。

 いずれにせよ、井上もバトラーも4団体統一戦には意欲十分で、あとは両陣営の交渉次第。いつどこで両雄が相まみえるのか。引き続き注目だ。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】井上尚弥の肉体を「進化」させた食事・栄養改革。プロテインを使うようになった理由とその使い分けは?
【関連記事】原巨人 岡本和「一塁コンバート案」急浮上でささやかれる「副作用」とは
【フォトギャラリー】ドネア戦の激闘を振り返る!“地球上で最強のアスリート” 井上尚弥を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧