サンフレッチェ広島 新ユニフォームをライバル球団カラーにしてSNSで炎上する事態に!

タグ: , , 2020/1/10

 チームの象徴であるユニフォームの色を、よりによってライバル球団カラーに染めてしまうとは…。

 サッカーJ1・サンフレッチェ広島が発表した、今シーズン着用するセカンドユニフォームデザインがSNSで炎上する事態になった。問題となっているのは、新ユニフォームの色。ナイキ社が提供する浦和レッズ、鹿島アントラーズの3クラブによる史上初の統一テーマとして白シャツ、赤パンツが採用され、今夏の東京五輪を意識した「日の丸をイメージ」したものという。

「広島東洋カープのチームカラーの赤からインスパイア(影響)された」


 ライバルクラブをイメージさせる「赤」を使用したことで、サンフレッチェのサポーターが激怒。昨年まではセカンドユニにもシャツの襟元や側面にチームカラーの紫が配色されていた。ツイッターでは「#紫を取り戻せ」のハッシュタグも作られ、疑問の声や批判、撤回を求める声が続出。問い合わせはクラブに届いただけでも600件を超えた。

「チームカラーを大事にせず、紫のサンフレッチェがなぜ赤を使うの?」
「オリンピックのために、わざわざ鹿島や浦和とセカンドユニを統一するのは意味不明」
「ビッグクラブ、大企業に忖度せざるをえなかったのか」
「3チームが同じユニフォームって、業者がただ手抜きしたとしか思えない」

 またチームカラーでない「赤」を使う理由について、「広島東洋カープのチームカラーの赤からインスパイア(影響)された」と、同じホームタウンのプロ野球チームを引き合いに出したことが火に注いだ。カープファンの怒りまで買った。

「カープが赤だから、うちも赤ってファンをバカにしてるのか」
「無関係のカープをユニの色変えるダシに使うのは無神経」
「クラブとしてのアイデンティティー(自己確立)がない」
「カープはカープ。 ユニフォームは個性を主張する大事なアイテムだろ」

 サンフレッチェの担当者は、ある程度の批判は覚悟していたが、今回の騒動は「想定外」だったそうで「セカンドユニフォームのカラーは今までも、それほど『紫』にこだわってこなかった」。11年に「宮島の鳥居」を連想される朱色を使用し、オレンジや蛍光イエローを使ったこともあるが「今回ほどの反対意見の数はなかった」という。

・今すぐ読みたい→
永久欠番じゃなかったの?!ソフトバンク甲斐の背番号が、あの名選手が背負っていた「19」へ変更!(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/takuyakai-back-number/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧