松田宣浩が語るソフトバンクでの思い出「必死だった。あの打席でプロ野球人生が変わった」

タグ: , , , 2022/11/5

(C)CoCoKARAnext

 今季限りでソフトバンクを退団し、他球団で現役続行を目指す松田宣浩が、古巣での思い出を語った。

 松田は一番に思い出に残っているシーンとして「やっぱり2014年の10月2日の最終戦ですね。あれが一番です」と、ソフトバンクが3年ぶりのリーグ優勝を決めた2014年10月2日のオリックス戦を挙げた。ゲーム差なし、勝率1厘差のオリックスと激闘の末、松田が劇的なサヨナラタイムリーを放ち、”天王山”を制した。

【関連記事】否定された「新庄流」 あっさり却下した「選手の名前」とは






 松田は、「勝つか負けるかやったし、あそこで追い込まれていたので、とにかく前に飛ばそうと思って必死だった。それで結果がついてきた。本当に打てて良かった」とその瞬間の印象を語り、「鮮明に覚えてますよ。自分の人生も、あの打席で変わりましたね。自信がますますついた。プロ野球でやっていける、打てたことでね。チームも個人的にもどんどん結果が出てくるようになって、自信を持って野球をできた。転機になったと思います」と、その後の野球人生にも影響する打席だったことを明かした。

 他に思い出に残っているシーンとしては、「それに次ぐ試合だと、プロ初スタメンの初打席でバントしたことですね。7番サードでバントでした。緊張しましたね。きっちり決めましたよ。わけが分からなかったけど、プロの第一歩が始まった感覚はありました」と、プロ初打席を挙げた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧