47歳元王者ローブがWRCで史上最年長優勝 ハイブリッド元年の初戦飾る

タグ: , 2022/1/25

WRCで最年長優勝を飾ったセバスチャン・ローブ(左)((c)RedBull Content Pool)

 23日にゴールした世界ラリー選手権開幕戦モンテカルロラリーで過去9度のタイトルを誇る大ベテランのセバスチャン・ローブ(フランス)がスポット参戦ながら史上最年長優勝を成し遂げた。48歳になる目前の47歳331日での勝利で、1990年のサファリラリーを勝利したビョルン・ワルデガルド(スウェーデン)の46歳155日を32年ぶりに塗り替えた。

・今すぐ読みたい→
「負のスパイラル」を断ち切ったF1・角田裕毅 2年目への抱負とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukitsunoda-aspirations/



 「本当に幸せな気分だよ。ここに来たときはこんな期待を全くしていなかったからね。いいファイトができたと」。シリーズ公式サイトなどによると、ゴール後はうれしそうにWRC自己通算80勝目を喜んだ。勝利は2018年のスペインラリー以来、実に4年ぶりだ。

 12年に9連覇を果たし、第一線から退くことを表明したが、その後も年間数戦に絞って参戦している。今回は新車両規定「ラリー1」のハイブリッドカーのフォード・プーマを開発した名門のMスポーツからエントリー。

 WRCに出場するのも2年ぶりだったが、同じハイブリッドのトヨタ・ヤリスやヒュンダイi20を見事に抑えた。3年連続9度目のシリーズ王者で総合2位に入ったトヨタのセバスチャン・オジエ(フランス)とのタイム差は10・5秒だった。





 ちなみにイレギュラーで出場するようになってからは17戦4勝で、表彰台も7度獲得するなど、鉄人ぶりを発揮。サウジアラビアで1月上旬まで開催された世界ラリーレイド選手権開幕戦ダカールラリーでも2位に食い込み、大きな大会を「はしご」で参戦。チームやファンの期待に応えた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧