吉田正サヨナラ弾でCロナ・ポーズ失敗にヒヤリ…野球界喜びすぎ事件簿

タグ: , , , , 2022/10/28

(C)Getty Images

 地元で満員の大観衆。張りつめた緊張感。大きな期待。重圧をはねのけ、待ち望んだ最高の瞬間を迎えた当事者は、どれほどの喜びだろう。

 あまり表情を変えず、「鉄仮面」とも称されるオリックスの主砲・吉田正尚外野手(29)も例外ではなかった。日本シリーズ第5戦。9回、ヤクルトの守護神マクガフからサヨナラ2ランを放つと、全身で喜びを爆発させた。

【関連記事】「西武は出ていっても次が育つ」金村義明氏が見る西武「FA戦線の行方」と来季のチームの戦い方






 打った瞬間に本塁打と確信し、味方ベンチに向けて右手を高々と上げて走りだす。一塁ベースをまわると、両手を大きく広げて喜びを表現。本塁に近づくと、かぶっていたヘルメットを放り投げ、ジャンプして空中で半回転してホームベースを踏んだ。

 まるで世界的なサッカー選手、C・ロナウドのゴールパフォーマンスを思わせるシーンだったが、吉田正は勢いあまって転んで後ろ回り。その後、立ち上がってチームメートから歓喜のウオーターシャワーを浴びたが、オリックスのコーチスタッフは、ケガをしてないか、肝を冷やしたに違いない。

 かつて秋山幸二がバック転ホームインを得意にしていたが、興奮や喜びすぎが原因でケガをしてしまった選手も過去にはいる。日本だけでなく、メジャーも含めて悲劇のアクシデントを振り返ってみたい。

◆ホームインで骨折

 2010年5月29日、松井秀喜が所属していたエンゼルスの同僚モラレスがマリナーズ戦でサヨナラ満塁本塁打を放った。ナインが待つ本塁の輪にジャンプして飛び込んだ際、着地で左足首をひねって負傷。起き上がることができず、退場した。足首の複雑骨折で、復帰まで約2年かかった。興奮の絶頂から故障で長期離脱と、まさに天国から地獄だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧