「やりたいようにはできていなかった」巨人・高橋由伸政権の「闇」 腹心が指揮官の「苦闘」を明かす

タグ: , , , , 2022/10/27

(C)CoCoKARAnext

 今季4位と5年ぶりのBクラスに沈んだ巨人。最終的に続投は決まったが、2年連続V逸となったことを受け、原監督は球団に「進退伺い」まで提出していたという。

 また改めて注目を集めているのは、原監督の前政権にあたる2016年から18年までの高橋由伸監督時代にもある。チーム成績は2位、4位、3位。中でも17年は球団ワーストとなる13連敗も経験するなど苦しんだ。一方で若き主砲の岡本和真内野手(26)や吉川尚輝内野手(27)など、現在のレギュラーにつながる若手を粘り強く登用し、独り立ちさせた功績などが認められている。

【関連記事】「お前もか!」広島期待のホープに噴出した「中絶トラブル」 野球界で続々報じられる女性問題に巣食う「根本的な問題」とは






 当時は現役引退後コーチ経験もなく、いきなり監督を務めることで心配する声もあった。実際はどうだったのか。

 高橋政権で内野守備走塁コーチを務め、「腹心」ともいわれた井端弘和氏がデーブ大久保氏のYouTubeチャンネルに出演。24日までにアップされた「井端コーチが語る 『高橋由伸監督就任から解任まで』」の動画内で同監督の苦悩する姿を語っている。

 井端氏によれば、高橋監督には「やりたいようにはできていないようにずっと感じていた」という。

 背景には「何か決めつけられたのもあったと思うし、球団側からか」と一部から「見えない声」もあったことを推測した上で、シーズン中の戦いにおいても「なんでこの選手が上がってきているの? とかびっくりしたことがあった」と時に不可解に感じた選手起用もあったと打ち明ける。ケガ明けでじっくり調整させようと決まっていた選手が一軍に突然昇格することなどもあったという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧