侍ジャパン初戦・ドミニカ共和国の代表発表、注目はNPBでも活躍中のあの投手

タグ: , , , 2021/7/10

 東京五輪に臨む侍ジャパンが1次ラウンドの初戦(28日・福島県営あづま球場)で対戦するドミニカ共和国の代表24選手が8日(日本時間9日)に発表された。

・今すぐ読みたい→
代表から外れた選手たちで構成した「裏・侍ジャパン」も十分強い?! https://cocokara-next.com/athlete_celeb/reverse-side-samurai-japan/



 NPB所属選手では、巨人のサンチェス、メルセデスの両先発投手がメンバー入り。サンチェスは今季13試合に先発し、5勝4敗、防御率4・31。故障から復帰したメルセデスは5試合に投げ、4勝1敗、防御率2・63の好成績を残している。

 過去の国際大会を振り返ると、各国代表は日本には動く速球(ムービングファストボール)を軸とするタイプの投手か、左腕を先発としてぶつけてくる傾向がある。サンチェスの球筋はセ・リーグ所属の打者なら見慣れているかもしれないが、故障明けから上り調子にあるメルセデスが相手だと厄介だ。

 野手ではメジャーで実績のあるベテランの名前が目を引く。6月下旬の最終予選は欠場したホセ・バティスタが復帰。5月末から行われた米大陸予選では中心に座り、本塁打も放った。メジャー通算344本塁打で、ブルージェイズ時代の2010年に54本、2011年には43本で2年連続本塁打王に輝いた実績を持つ。





 メルキー・カブレラはそのバティスタの通算1496安打を上回る、1962安打と2000安打目前に迫った好打者。最終予選決勝ではカブレラの本塁打からチームが勢いに乗り、逆転勝ちした。ヤンキースで長くプレーし、見た目以上に俊敏で通算101盗塁の積極性と、外野守備からの強力なレーザービーム返球は日本のメジャーリーグファンには馴染み深いのではないか。

 エミリオ・ボニファシオはメジャーで12シーズンプレーした俊足巧打のリードオフマンタイプ。メジャー通算669安打に加え、166盗塁が光る。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧