代表から外れた選手たちで構成した「裏・侍ジャパン」も十分強い?!

タグ: , , , 2021/6/25

 東京五輪に出場する侍ジャパンの内定24選手が16日に発表された。代表発表後、広島の会沢翼捕手が故障により辞退。阪神の梅野隆太郎捕手が代替選手として選出された。

・今すぐ読みたい→
「外れ外れ1位」また当たり!オリックス・宮城の不思議な魅力 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hiroyamiyagi-charm/



 代表発表にあたっては、喧々諤々の議論がさまざまなところで繰り広げられている。ファンには納得の部分も、そうではない部分も生まれるのは仕方のないところだろう。視点は人それぞれで異なる。

 特に五輪は、プレミア12やワールドベースボールクラシック(WBC)など通常の国際大会と異なり、出場登録選手が24人と少ない。近年の国際大会では28人がフォーマットとして定着している。この4人少ない部分が選考にも大きく影響を及ぼしている。

 稲葉篤紀監督は会見で「通常の国際大会から4人少ない。金メダルを獲得するために最適なメンバーを検討した。いい選手を選ぶのではなく、どうやったらいいチームを作れるか。そこを重視した」と説明した。組み合わせは采配を考慮したものであり、選ばれた以上は24選手に最高の結果をつかんでもらいたい。

 では代表から外れた選手たちでもう一チームつくると、どのような布陣になるのか。そんな裏侍ジャパンを結成してみた。ポジション別に紹介したい。成績は24日現在のもの。

●先発投手
 中日・柳裕也 12試合5勝3敗 防御率2・31
 阪神・西勇輝 12試合4勝3敗 防御率3・01
 楽天・早川隆久 13試合7勝3敗 防御率3・39
 オリックス・宮城大弥 11試合7勝1敗 防御率2・06

●第2先発(ロングリリーフ)
 DeNA・今永昇太 5試合1勝2敗 防御率3・99
 ソフトバンク・石川柊太 13試合3勝6敗 防御率2・93

●中継ぎ
 中日・又吉克樹 34試合0勝1敗7セーブ 防御率1・11
 巨人・高梨雄平 29試合1勝0敗1セーブ 防御率1・00





●セットアッパー
 楽天・則本昂大 11試合5勝3敗 防御率3・28
 オリックス・平野佳寿 16試合0勝1敗9セーブ 防御率1・17

●抑え
 楽天・松井裕樹 34試合0勝2敗19セーブ 防御率0・79

●捕手
 西武・森友哉 打率・306 9本塁打 24打点
 中日・木下拓哉 打率・276 6本塁打 24打点

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧