日米での「引退試合」の違いは?中日・吉見、楽天・渡辺らが現役最後の勇姿へ

タグ: , 2020/11/7

 来る者あれば、去る者あり。6日、各地で往年の名選手たちが引退試合に臨んだ。中日・吉見一起投手、楽天・渡辺直人内野手、オリックス・山崎勝己捕手が引退選手・特例登録で出場選手登録され、別れの時に臨んだ。


 引退選手・特例登録は引退試合を行う選手に限って、1日限定で既存の1軍の枠を超えて登録可能となる特例措置。2017年に導入された。現在の1軍登録枠は新型コロナウイルスの影響で31人に拡大されているが、引退選手は31人+αとして現有戦力を登録抹消することなくベンチ入りさせることができる。

 この特例措置で登録された選手は、翌日に自動的に出場選手登録が抹消される。そして残りのレギュラーシーズン公式戦とクライマックスシリーズには出場することができない。例外として日本シリーズでは、出場条件の40人枠に登録することができ、出場することももちろん可能だ。

 2017年9月24日に、ロッテの井口資仁内野手と、中日の森野将彦内野手が最初の適用者となった。






・今すぐ読みたい→
1億円プレイヤーの日本ハムファイターズ「大田泰示」!巨人が活かせなかった彼の素質とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/taijiohta-quality/

 それまでも引退試合は幅広く行われてきた。ただし、戦力的に1軍で十分プレー可能なベテランならばともかく、多くの引退選手は故障なども抱え、戦力としては計算できない状態ということが多い。そのために大切な1軍枠の一つを削らざるを得ない、といった事情がそれまではあった。引退選手にしてみても、自分のための興行で一選手が抹消されるのはいい気分ではなかっただろう。抹消された選手は10日間は再登録できず、その間はFA取得日数や参稼報酬が手にできないという現実的なデメリットもある。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧