ヤンキース・田中は楽天復帰?!過去にメジャーリーグから国内復帰後に、メジャーへ再挑戦した選手とは

タグ: , , 2021/1/27

 ヤンキースからFAとなっている田中将大投手の去就を巡って、日米メディアがかまびすしい。ヤンキース退団が決定的、という報道に続き、古巣・楽天での日本球界復帰も取り沙汰されている。

・今すぐ読みたい→
巨人・菅野が史上最高俸の8億円で更改 日本人メジャーリーガーの桁違いの最高俸は? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/highest-salary-ever/



 1月18日には楽天の石井一久監督兼GMがメディア対応。「もし選択が日本ということになるのであれば、帰ってきてほしいと言わない理由はない」と熱烈なラブコールを送った。

 またその際には複数年の大型契約だけではなく、1年契約も視野に入れていることに言及している。誠意を伝えるには契約期間が長ければ長いほどいいと思われがちだが、これには田中の心が再びメジャー挑戦に揺れた際には、いつでも快く送り出すという姿勢が示されている。田中の残してきた実績と、まだメジャーで十分通用する実力への敬意とも見て取れる。

 では、メジャーリーグから国内復帰後に、メジャーへ再挑戦した強者は、過去にいたのだろうか。メジャー再挑戦にとどまらず、再々挑戦までした選手が一人いる。

 レッドソックスで活躍した岡島秀樹がその人。岡島は日本ハムに在籍した2006年オフ、FA宣言しレッドソックスに入団した。松坂大輔と同期入団となり、1年目からセットアッパーとしてワールドシリーズ制覇へ貢献。オールスターゲームにも選出された。2年目以降も貴重な中継ぎ左腕としてボストンのブルペンで存在感を発揮した。





 だが故障もあり、勤続疲労も重なって次第にパフォーマンスが下降線に。2011年のシーズン中に戦力外扱いとなりメジャー40人枠を外された。

 このオフ、岡島はヤンキースとマイナー契約を結ぶ。ところが翌2012年2月のキャンプ直前、フィジカルチェックで左肩に問題が見つかり、契約が無効となってしまった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧