MLBのウインターミーティング延期による「日本人選手移籍のリスク」とは

タグ: , , 2020/10/31

 新型コロナウイルスの猛威は収まるところを知らず、メジャーの移籍市場にも大きな影響を及ぼすことになりそうだ。MLB機構はオフ最大のイベントであるウインターミーティングの延期を現地10月30日に発表。従来のリゾートホテルに1000人を超す関係者が集合するスタイルではなく、必要に応じてオンライン会議システムで会合を重ねていく形に変更するという。

・今すぐ読みたい→
【プロ野球ドラフト】 日本ハムが「ユーチューバー」を1位指名 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/draft-youtuber/






 今オフのウインターミーティングは、12月7日からテキサス州ダラスで4日間行われる予定だった。

 例年大物FA選手はこのウインターミーティング中に大型契約を結ぶことが多い。SランクのトップFA選手の行方が決まることにより、それに次ぐAランク以下の選手たちの交渉も本格的に動き出す。大型トレードも複数件まとまることがある。このイベントを契機に、移籍市場が活性化。クリスマス休暇にかけて雪崩式に次々と契約が成立していく。


 今オフ、FAとなる日本人大リーガーはヤンキース・田中将大と、マリナーズ・平野佳寿の2人。両投手とも残留引き留めがあっておかしくない実績を残しているが、そこを不透明にさせているのがこうしたコロナ禍による現状だ。ただでさえ各球団はレギュラーシーズンが162試合から60試合へ縮小し、全試合が無観客開催となったことにより、入場料収入など大幅な減収に陥っている。それに加えて、ウインターミーティングの延期によって、移籍市場の流れ自体が例年のスケジュールとは変ってくる。ますます先が見通しにくい状況となった。

 またNPBからメジャー挑戦する選手たちへの影響も無視できない。昨オフには巨人・菅野智之、ソフトバンク・千賀滉大、ロッテ・石川歩、DeNA・山崎康晃、日本ハム・有原航平、西川遥輝らが将来的なポスティングシステムでのメジャー挑戦の希望を口にした。米メディアでは海外FA権を取得したロッテ・沢村拓一の動向に、複数の球団が注目しているとも報じられた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧