球宴で162キロ!「大谷と並んだ」ロッテ・佐々木朗希の「宿題」とは

タグ: , , , 2022/7/28

 夢舞台で躍動した。「マイナビオールスターゲーム2022」第2戦(松山)が27日に行われ、全パが2ー1と連勝した。注目は全パ先発のロッテ・佐々木朗希投手(20)。令和の怪物がセ・リーグ屈指のスラッガーにどう立ち向かっていったのか。 

【関連記事】西武激震!山川、森、主力が続々「流出危機」の舞台裏






 注目のマウンド。球場にどよめきが走ったのは初回、一死無走者の場面で迎えた巨人・ウォーカーの打席だった。自身7球目に投じた投球が162キロを計測。球宴では14年に大谷翔平が記録した日本人最速記録に並んだ。

 「160キロがとりあえず出てくれてホッとしています」と笑顔。マメがつぶれて約1か月ぶりとなった実戦マウンドでファンが期待した剛速球を披露した。 

 一方、結果には納得がいかなかった。この日は最速162キロの直球をウォーカーに中前に運ばれたのを皮切りに、山田、村上にも連打を許した。球宴の場ということでバッテリーを組んだ松川が直球主体の配球を選択したが、一死満塁のピンチを招き、佐藤輝の打席で変化球を「解禁」。フォーク、カーブをとりまぜて、佐藤輝は犠飛、大山を中飛に打ち取り、お役御免となった。1回を3安打1失点。

 「変化球投げたかったんですけど、サイン出なくて。松川のせいで打たれました」。冗談交じりに女房役をいじりながらも充実の表情を浮かべた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧