佐々木朗の「審判問題」に賛否両論!懸念される「あの影響」とは

タグ: , , 2022/4/25

 令和の怪物に新たな問題が持ち上がった。試合前まで17イニング連続パーフェクト記録を達成。注目を集めた24日のオリックス戦(京セラ)に先発したロッテ・佐々木朗希投手(20)は5回2失点で3勝目。勝ち星こそあげたが、「場外乱闘」が話題を呼んでいる。

【関連記事】巨人・ウォーカー「このままでは厳しい」とささやかれる「ザル守備」の深刻度とは



 初回、前回の対戦で完全試合を許したオリックス打線が反撃に出る。先頭の福田が初球の159キロ直球を捉え右へ運び、プレーボール直後に連続無安打記録を17イニングで止めてみせた。

 一方、大きく注目を集めたのは2回裏の佐々木朗の投球シーンだ。二回二死一塁で安達を2球で追い込み0―2とした後、投じた3球目をボール判定されたことで、一走の杉本に二盗を許した。この瞬間、やや不満げな表情を浮かべた佐々木朗に対し、白井球審がマウンド上に歩み寄るシーンがあった。思わずバッテリーを組む18歳捕手の松川も止めに入ったが、漂う不穏な空気に井口監督もベンチから飛び出し、球審と言葉を交わすなど「火消し」に走った。

 結局、安達は遊ゴロに仕留めたが、その後、3回は先頭の福田にいきなり死球を与えるなど、制球を乱し、終わってみれば自己最多の5四死球と乱調となった。





 また「審判問題」に関してはすでに様々な反応も出ている。

 日本ハム・伊藤大海投手(24)は24日、自身のツイッターを更新。「たしかに、相手のある事で相手を不快にさせたり、必要以上のリアクションは控えるべきだと重々承知ですが・・・」と前置きした上で「我々は無感情のピッチングマシーンではない。命懸けの一球一球に感情が入るのも当たり前で、それが自然と出てしまうことも多々あります。あ、独り言です」とつづった。

 一方、海の向こうからはパドレスのダルビッシュ有投手が反応。24日深夜に自身のSNSを更新し、その中で今回の審判問題に関して「野球の審判って無茶苦茶難しいのに叩かれることはあっても褒められることはほとんどないよなぁ。選手も散々態度出すんだから審判にも態度出させてあげてください」と擁護した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧