巨人を戦力外の宮国椋丞投手がDeNAに入団「スタートラインに立たせてもらったことに感謝」

タグ: , , 2021/3/15

 巨人で戦力外通告を受け退団していた宮国椋丞投手が、育成選手としてDeNAに入団することが15日に発表された。

宮国はオンライン会見で「ここからはい上がる気持ち。打倒ジャイアンツという気持ちでやっていきたい」と決意を口にした。

・今すぐ読みたい→
実戦デビューのロッテ・佐々木朗希に吉井理人投手コーチ「スピードガンをごみ箱に捨てたい」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/roukisasaki-baseball-game-debut/



 沖縄の糸満高から2010年のドラフト2位で入団。背番号は「30」が与えられた。かつて右の本格派としてエースを務めた江川卓さんが背負った番号。球団の高い期待がうかがえた。

 船出は順風満帆にみえた。1年目は2軍で体作り。2年目の2012年に春季キャンプで1軍に抜てきされた。オープン戦で好投を続け、開幕ローテーション入り。4月8日の阪神戦で初登板初勝利を飾ると、5月1日の広島戦では初完投初完封までマーク。このシーズンは右肩痛で一時離脱も、16先発して6勝2敗、防御率1・86という数字を残した。日本ハムとの日本シリーズでも第4戦の先発を任され、7回3安打無失点に封じた。

 続く2013年は20歳の若さで開幕投手を務めた。1988年の桑田真澄以来という抜てき。この年は3月にWBCがあり、内海哲也、杉内俊哉、澤村拓一という他の先発ローテーション投手が軒並み侍ジャパンに招集され、タイトな日程上、開幕投手が難しかったという事情もある。期待の菅野智之はまだ1年目のルーキーでもあった。それでもダイヤモンドの原石であり、素質の片りんをのぞかせ始めた弱冠20歳の宮国に、球団やファンの誰もが大きな夢を描いていたからこそでもあった。





 3月29日の広島との開幕戦。巨人での10年のキャリアにおいて、振り返ればこの瞬間が頂点だったのかもしれない。宮国は7回途中3失点で、勝敗は付かず。この年は結局17先発し、6勝7敗、防御率4・93と負け越した。右足のケガもあり、ポストシーズンでは出番なし。これ以降、宮国がかつてのような輝きをマウンドで放つことはなかった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧