五輪主将は「日本最速男」陸上・山県亮太! メダル獲得率は50%!?

タグ: , , , , 2021/7/2

 東京五輪日本選手団の主将に、陸上男子の山県(やまがた)亮太(29)、副主将に卓球女子の石川佳純(28)が決まった。23日に国立競技場で行われる開会式で、そろって選手宣誓を行う予定。

・今すぐ読みたい→
攝津正氏が語る大谷の凄さと成長。かつての対戦を振り返り「そりゃあ二刀流になるわな」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/samurai-japan-24-players/



 主将の山県は100メートル9秒95の日本記録保持者。2012年ロンドンから3大会連続の出場で、2016年リオでは400メートルリレーの第1走として銀メダルを獲得した。実績や経験、知名度なども踏まえて日本選手団の「顔」として指名された。

 主将にはさまざまな仕事がある。選手団を代表してのインタビューなど、メディア対応、大会期間中には各競技の応援に駆けつけたり、とくに東京開催の今回は忙しくなることが予想される。

 前回、1964年東京五輪で主将を任されたのは「鬼に金棒、小野に鉄棒」と呼ばれた小野喬(たかし)。開会式で選手宣誓を務め、体操男子団体総合で見事金メダルを獲得した。

 かつては主将の「金」ラッシュが続いた。1972年ミュンヘンのバレーボール・中村祐造から、1992年バルセロナの柔道・古賀稔彦まで、5大会連続(不参加だったモスクワを除く)で頼れる主将が日本に金メダルをもたらした。





 だが1996年アトランタの陸上・谷口浩美以降は金どころか、5大会連続で表彰台を逃している。主将の大役は、裏を返せば、自身の調整が難しくなるため、競技に集中できず、重責にもなり、要請しても断られるケースがあるという。

 主将が勝てないジンクスを打ち破ったのは「霊長類最強」といわれたレスリングの吉田沙保里。2016年リオで初の女性主将に指名され、53キロ級で銀メダルを獲得。五輪4連覇はならなかったものの、悪い流れを食い止めた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧