池江が悲痛告白・・・五輪反対で罪なきアスリートが非難の対象に

タグ: , , 2021/5/13

 東京五輪開催の是非をめぐり、何の罪もないアスリートが非難の対象となったり、SNSなどで中傷され、糾弾される被害が相次いでいる。

・今すぐ読みたい→
麻生太郎氏、先見の明ありすぎ・・・1年前の「呪われた五輪」発言を振り返る https://cocokara-next.com/topic/cursed-olympic/



 難病を抱える競泳の池江璃花子(20)の告白は痛々しかった。急性白血病の治療で一度は東京五輪をあきらめたものの、開催の延期によって奇跡的に内定をつかんだ。そんな彼女のSNSに、五輪辞退要請や五輪反対を求める声が寄せられたと明かし「私に反対の声を求めても、私は何も変えることができません」「オリンピックについて、良いメッセージもあれば、非常に心を痛めたメッセージもありました。この暗い世の中をいち早く変えたい、そんな気持ちは皆さんと同じように強く持っています。ですが、それを選手個人に当てるのはとても苦しいです」と池江は自身のツイッターにつづった。

 池江の悲痛な叫びは、海外でも大きな反響を呼んだ。中国メディア「新浪体育」は「ありえないサイバー暴力に直面した。白血病と闘う池江がどんな思いで過ごしてきたかをイメージできる人なら、このような攻撃は決して選手に向けられるべきではないと分かるはず」と批判。海外のSNSでも「日本人は頭がおかしいのか」「こんなに頑張る少女をどうして大事にしてあげられないのか」と怒りの声が殺到した。





 池江は難病克服を目指し、競技を再開したばかりの昨年7月、延期された東京五輪開催1年前セレモニーに出演し「1年後に五輪ができる世界になっていたら、どんなに素敵なことだろうと思います」と語った。その後、驚異的な回復力で代表切符をつかんだだけに、池江を五輪の象徴のように受け止める人も多かった。確かに影響力は大きいが、なんの決定権もない選手に向け、「五輪を辞退してほしい」「反対の声を上げてほしい」というような言葉を投げかけるというのは、どうなのか。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧