白血病公表の元ソフトB攝津氏、五輪目指す池江選手が本当に知って欲しいこと

タグ: , , 2021/1/24

 スポーツ選手が発信する「白血病」を目にする機会が増えた。

 現役時代、プロ野球ソフトバンク投手として最多勝などを獲得した攝津正氏(38)が23日、「慢性骨髄性白血病」と診断されたことを告白した。自身のインスタグラムでメッセージを発信した。

・今すぐ読みたい→
「30歳でJR職員の予定」が30歳で沢村賞投手になった元SB攝津正、「引退後は野球以外の競技を極めたい」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tadashisettsu-state-of-mind-02/



 「まさか自分が白血病に…と驚きました。幸い薬を飲んでいけば大丈夫とのことで、運動や仕事、食事も今まで通りで良いとのことです。遺伝子変異で発生するので、防ぎようが無いと医師から言われました。治療で必要とされる骨髄の提供者が増えることを願って公表を決意しました」

 ちょうど同じ日に、白血病から完全復活を目指す競泳の池江璃花子(20)が北島康介杯に出場。復帰3戦目レースとなる女子100メートル自由形で4位に入り、東京五輪代表選考会を兼ねた4月の日本選手権への出場権を手にした。

 池江は19年2月に急性リンパ性白血病と診断されたことを公表。造血幹細胞移植を行い、過酷なリハビリの過程なども発信し、1年半後にレース復帰を果たした。当初の目標が24年パリ五輪出場だったことを考えれば、東京五輪を狙える位置につけただけでも驚異的な回復ぶりだ。

 血液のがんである白血病。攝津は「慢性」、池江は「急性」と種類は異なるが、両者に共通するのは、病気への正しい理解と、骨髄バンクへのドナー(血液などを寄付する人)登録者を増やしたいという思い。





 当時10代で競泳女子エースだった池江の罹患告白は日本中の大ニュースとなり、ドナー登録者が増えた。一方で、ドナー登録者の「本気度」という新たな問題が浮上していた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧