故障者に悩まされる侍ジャパン・・・4位に終わった2008年の北京五輪のメンバーはどうだったのか

タグ: , , , 2021/6/23

 金メダルへの道のりはやはり平坦なものではない。16日に24人の代表内定選手を発表し、東京五輪での金メダルへ向けて本格的に動き始めた稲葉ジャパン。だが、早々に広島・会沢翼捕手が負傷により代表を辞退。続いて22日には巨人・中川皓太投手が背中を痛めて出場選手登録を抹消された。

・今すぐ読みたい→
鎌ケ谷にまで出没! 不振な日本ハム・中田を気にかけるあの『スーパーアイドル』とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shonakata-super-idol/



 中川は20日の試合前練習中に、患部に違和感を訴えたとみられる。今後の回復状況次第では会沢に続き第2の辞退者となりかねない。

 今季は主にセットアッパーとしてチーム最多となる32試合に投げ、2勝2敗1セーブ、防御率3・52。2019年のプレミア12でも侍ジャパンの一員として世界一に貢献しており、稲葉篤紀監督の信頼も厚い。阪神・岩崎優と並び貴重な救援左腕なだけに、辞退となれば大きな痛手だ。

 五輪で前回野球が行われた2008年の北京五輪。金メダルだけを期待されながら、まさかのメダルを逃す4位に散った星野ジャパンも、多くの故障者に悩まされた。

 1球団から2人ずつという選考への縛りがあった2004年アテネ五輪と異なり、自由な選考が解禁されていた。だが、星野監督の構想にあった選手たちは2008年シーズン開幕からことごとくコンディションを崩していった。





 代表選手の発表は当初は6月20日に予定されていたのだが、6月に入ると発表は7月中旬に延期された。代表候補に故障者が相次ぎ、コンディションの見極めが至難を極めたからだ。

 北京五輪の野球競技は8月13日に開幕。残り1カ月を切っていた7月17日に代表メンバーは発表された。代表選手の何人かは状態に不安を抱えていた。また、合宿開始後に故障を悪化させたり、コンディションを崩す選手もいた。それでも星野監督のメンバー発表後は1人の辞退者を出すことなく、チームは当初のメンバーで完走はした。結果的にそれが敗因の一つとして後に批判の的となってしまうのだが。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧