侍ジャパン、初戦サヨナラ勝ちも見えた課題、辛口解説も飛び出した

タグ: , , , 2021/7/28

 侍ジャパン、野球の日本代表は28日、初戦のドミニカ共和国戦(福島)を戦い、4―3の逆転サヨナラ勝ち。きん差で振り切るも要所にほころびが目立ったとあって、今後は緊急な修正作業が必要だ。

・今すぐ読みたい→
大谷の「規格外ぶり」はプレーだけじゃない!金村義明が試合を見て驚いた「あること」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-nonstandard/



 2点を追う九回は1死から柳田が一塁内野安打で出塁すると、代打近藤の安打で一死一、二塁とする。村上の適時打で1点を返すと続く甲斐のセーフティースクイズで同点に追いつく。その後、山田の安打で一死満塁、一打サヨナラの場面で打席に入ったのは、この日、2番に入った坂本。初球を迷いなく振りぬき、センター前へ。日本チームに貴重な勝利をもたらした。

 試合後は「まずは初戦に勝ってホッとしているという気持ちが一番です。最初はみんな重い雰囲気でやってましたけど、最高の形でみんながつないでくれました」と笑顔を見せた坂本。

 一方、勝つには勝ったが、今後の戦いへの課題も浮かび上がった。注目を集めたのは1点を追う、8回一死二塁の場面だ。 3番の吉田尚が左前打を放つと、三塁コーチャーの清水外野守備走塁コーチが腕を勢いよく回し、暴走気味の「ゴーサイン」。





 二塁走者の山田は本塁へ突入、レフトからの好返球もあり、貴重な同点機のチャンスをつぶした。この場面には抜けた打球も浅かったとあって、NHKの解説を務めた元ヤクルトの宮本慎也氏も「100パーセントの確率でなければ(コーチが)回すべきではなかったですね」とバッサリ。一死二塁だったことにも触れ、「二死であれば分かるんですが・・・。続く打者が4番の鈴木誠也ですから」とやや冷静さに欠ける判断だったと分析した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧