サニブラウン優勝、世界選手権の代表に内定、まだまだ伸びしろ!

タグ: , , 2019/6/29

 サニブラウンの強さに、ライバルもお手上げだった。

 陸上の日本選手権が28日、福岡・博多の森陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝はサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で2年ぶり2度目の優勝を飾り、世界選手権(9月・ドーハ)代表に内定した。

【男子100メートル決勝結果】


1位 サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)10秒02
2位 桐生祥秀(日本生命)10秒16
3位 小池祐貴(住友電工)10秒19
4位 飯塚翔太(ミズノ)10秒24
5位 多田修平(住友電工)10秒29
6位 坂井隆一郎(関大)10秒31
7位 川上拓也(大阪ガス)10秒31
8位 ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)10秒33

 
 持ちタイム9秒98の前日本記録保持者・桐生祥秀(23)と、7日の全米学生選手権で9秒97と日本記録を塗り替えたサニブラウン。夢の「9秒台対決」は、あいにくの雨で足場が湿り、タイムの出にくいコンディション。しかも向かい風、スタートで出遅れたサニブラウンにとっては「三重苦」だったにもかかわらず、序盤から加速してトップに立つと後続をグングン引き離す。向かい風では『日本最高』となる10秒03の好タイムをたたき出した。

・合わせて読みたい→
巨人軍89代4番、智弁学園・岡本和真は何故ドラフトで競合しなかったのか(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/why-did-not-kazumaokamoto-compete-in-the-draf/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧