「ジョーダン後輩」奮闘もアウェーで勝てない今季の三河、第14節振返り 年末までのアウェーでの2カードが勝負所

タグ: , , , 2018/12/19

 創部71年目のシーホース三河、今季はとにかくアウェーで勝てない。中地区の上位に浮上するチャンスだった第14節vs京都ハンナリーズ戦。

Game1はダブルオーバータイムまでもつれる激戦となったが、あと一歩及ばず107–100で競り負けた。50分フル出場、37得点20リバウンド10アシストでトリプルダブルを達成した「マイケル・ジョーダンの後輩」ミークスの大車輪の活躍を、白星につなげることはできなかった。

Game2も息詰まる大接戦となった。けが人が出た中、森川がアグレッシブなプレーで15得点を挙げ、村上、西川も攻守に奮起。苦手のアウェー戦で共に勝利を掴もうと、多くのファン・ブースターが駆けつけ 「青援」を送り続けたが、猛追わずかに及ばず2連敗を喫した。

三河は次節、12月22日(土)、23日(日)とホームのウィングアリーナ刈谷に中地区首位の新潟を迎え、その後は富山、川崎と同じく中地区で上位を争っている2チームとアウェーで対戦。年末までの3カードが今シーズンの行方を占う天王山となりそうだ。

【12月15日(土) 京都ハンナリーズvsシーホース三河 game1】

〇京都 107 ‐ 100 三河●
(三河通算成績 12勝11敗)

・合わせて読みたい→
理不尽な状況下でも冷静さを保つ秘訣「リアル・ミッチー」(https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-coolness-secret/)

1Q 京都 17–29 三河


ミークス、金丸 二桁得点。多彩なオフェンスで得点を量産

スターティング5は、#3ミークス、#12西川、#14金丸、#32桜木、#46生原。

#3ミークスとのハンドオフプレーから#14金丸が決めて勢いに乗ると、#3ミークスのパスを受けた#14金丸がシュートチェックをものともせず3Pシュートを射抜いて連続得点。
#3ミークスが自らゴール下をねじ込むと、今度は#32桜木のポストプレーから#12西川が3Pシュートを沈め、#3ミークス、#32桜木を起点にしたハーフコートで主導権を握る。
さらに#3ミークスは#46生原のスティールから走ってジャンプシュートを決めると、オフェンスリバウンドでも強さを発揮。この10分で13得点4アシストとオフェンスを牽引した。#14金丸も残り1分から3Pシュート、フリースロー3本を積み上げ、早くも二桁得点をマーク。ハーフコートとファストブレイクの緩急織り交ぜた理想的なオフェンスで、一挙29点を量産した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧