12年連続CS出場の71年目名門チーム、CS出場背水の陣・ラスト5試合 若手が育つのが先か?シーズンが終わるのが先か?

タグ: , , , 2019/4/8

 初の地区優勝が掛かる新潟アルビレックスBBは、経験豊富なベテラン・五十嵐圭、柏木真介が持ち味を発揮。同地区のシーホース三河を圧倒し、優勝マジックを3とした。

 チャンピオンシップ(CS)進出に向けて2連敗は許されない三河だったが、新潟のタフなディフェンスに攻め手を奪われ、最後まで劣勢を立て直せないまま17点差で大敗した。

 三河はワイルドカード争いで現在3位。ワイルドカード2位を争っている対象となる京都、富山、名古屋、渋谷などの成績次第だが、残り5試合は背水の陣となった。

 Bリーグの前身のNBL、その前のJBLのアイシン時代の2006-07シーズンから12年連続でプレーオフ、及び現在のCSに出場を続けてきた今シーズン71年目の名門チーム。2006-07シーズン以来、優勝4回、準優勝3回、ベスト4以上の常連チームがシーズンで敗退してしまうのか…。

※三河は上記優勝4回の他に、2010-11シーズンはリーグ1位だが、震災のためプレーオフが中止。

■ シーホース三河 鈴木 貴美一 ヘッドコーチ 試合後コメント


 昨日よりも少しはディフェンスがうまくいったんですが点がとれなく、それに対して新潟 #7五十嵐選手がいい形で得意の3ポイントを決めて、勝負どころでベテランの味を#3柏木選手と#7五十嵐選手に出されて、まだ経験のない若い選手が勝負所でいじられたというところだと思います。新潟さんは、柏木選手が一人入ったというのが去年との違いですが、チームとして強くなったと思います。ここまで続けて勝利しているということはチームとして力が付いた事だと思うし、素直に我々は新潟さんが強かったことを認めたいと思います。

 できること、できないことをしっかり反省して、次の試合、それから残りの試合をしっかりできるように頑張ります。

・合わせて読みたい→
三河・岡田侑大がプロ転向からの3ヶ月を振り返る Bリーグ注目の大型ルーキー(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yuta-okada-interview/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのTシャツを着て、6月14日N.Y.マディソンスクエアガーデンで開催されるタイトルマッチを応援しよう! 通気性と速乾性に優れたReebok性のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧