三河、チャンスに決められず1点差で惜敗

タグ: , , , 2019/11/18

 11月17日(日)、シーホース三河は富山グラウジーズと対戦。1Qから追いかける展開となった三河は、必死のディフェンスで食らいつくも、得点チャンスにシュートを決められず、1点差で敗れた。前日、点の取り合いとなったゲームを延長戦で制した三河は連勝とはならなかった。

ホームのウィングアリーナ刈谷には、多くのファンが駆けつけ満員に。「Bリーグ通算来場者20万人」を達成した。

―試合結果―
三河 ●71 ‐ 〇72 富山
(三河通算成績4勝11敗)

・合わせて読みたい→
三河・岡田侑大がプロ転向からの3ヶ月を振り返る Bリーグ注目の大型ルーキー(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yuta-okada-interview/)

1Q 三河 18–24 富山


森川 3Pシュート2本の計8得点で先発起用に応える

スターティング5は、#2岡田、#9森川、#11熊谷、#32桜木、#54ガードナー。

序盤は富山の激しいボールマンプレッシャーに苦戦し、#0ライオンズ、#13前田の得点で先行される。

#54ガードナーをスクリーンに使って#2岡田が3Pシュートを決めると、速いパスワークでズレを作って#9森川も3Pシュートで続く。さらに#32桜木のディフェンスリバウンドから#9森川が速攻、2本目の3Pシュートと連続得点で13-12と逆転。

しかしそこから富山に確率良くアウトサイドシュートを決められて9点のリードを許す。#54ガードナー、#7長野の得点で食らいつき、三河 18–24 富山で最初の10分を終える。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧