リベンジ成功!?今季最多得点の三河、6選手が二桁得点をあげるチーム力で大勝!

タグ: , , , 2021/3/19

 3月17日(水)、島根スサノオマジックと対戦したシーホース三河。

ゲーム序盤から金丸晃輔が16点と爆発すると、チームも勢いにのって23点リードで1Qを終える。2Qでは、高橋耕陽が5本の3Pシュート、カイル・コリンズワースの11リバウンドと、さらに点差を広げた。後半も島根を寄せ付けない試合展開で、6選手が二桁得点をマークするなどチームプレーで106点をあげ、今シーズン最多得点を更新。三河は、100点ゲームを喫した11月のホーム戦の雪辱を晴らした。





―試合結果―
2021年3月17日(水)
島根 58 〇― ●106 三河
(三河通算成績28勝15敗)

1Q  島根 12–35 三河


金丸 16点の大爆発。ハイエナジーなプレーで23点リード

スターティング5は、#1川村、#5コリンズワース、#14金丸、#32シェーファー、#54ガードナー。

#1川村との連携で#14金丸がカットインして先制。さらに#14金丸、#54ガードナーのミドルシュートと順調な滑り出しを見せる。島根に3Pシュートで連取されて追いつかれるも、スティールから#5コリンズワースがダンク。1on1から#14金丸がフェイダウェイ、フリースローですぐに突き放す。

強度の高いチームディフェンスで島根の得点源#8トラビスとリバウンド力を封じると、リバウンドから#1川村が走り、#54ガードナーがインサイド、#32シェーファーが3Pシュートとバランス良く加点しリードを二桁に。さらに#14金丸は3Pシュート、カットイン、3Pシュートと3連続で得点し、計16得点の大暴れ。その後も#8高橋の3Pシュート、#54ガードナーのバスケットカウントで得点を積み上げ、最初の10分で23点の大量リードを得る。

・今すぐ読みたい→
リアル・ミッチー 集中力の整え方 金丸晃輔(三河) https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-concentration-kohsuke-kanamaru/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧