金丸擁する島根と対戦の三河、2021年ラストゲームは悔しい敗戦

タグ: , , , 2021/12/30

 12月29日(水)に行われたB1リーグ14節、シーホース三河は島根スサノオマジックと対戦した。

昨シーズンまで三河のエースとして、チームを牽引してきた金丸晃輔擁する島根と初顔合わせ。立ち上がりから島根の得意とするオフェンスを止めることができずに、劣勢を強いられた三河は2Qを21点差で終える。攻守を立て直し、3Qには10点差まで追い上げたものの、4Qで覆すことができず敗れた。12月は苦しい試合が続いた三河は、西地区5位で、年内最終戦を終えた。

「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」出場は各地区上位3チーム
西地区・・・1位 琉球(21勝3敗)。2位 名古屋D(17勝7敗)、3位 島根(17勝7敗)
東地区・・・1位 千葉(18勝6敗)、2位 川崎(18勝6敗)、3位 A東京(17勝7敗)
※2021年12月30日時点





―試合結果―
2021年12月29日(水)
島根 〇 92-78 ● 三河
(三河通算成績 13勝11敗)

1Q 島根 24–20 三河


#19西田が連続スティールで流れを変え、4点差に

スターティング5は、#5コリンズワース、#18角野、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。

#18角野の3Pシュートで幸先の良い滑り出しを見せるが、島根のハードなディフェンスにターンオーバーから走られて主導権を握られる。#19西田、#54ガードナーのコンビで崩して#32シェーファーの合わせで得点するなどスムーズなボールムーブからチャンスを作るも、シュートを決め切ることができず、トランジションから失点を重ねて16-5と二桁リードを奪われる。

#54ガードナーが力強いアタックでバスケットカウントをもぎ取って反撃の口火を切ると、#19西田がスティールを連発してファストブレイクから#5コリンズワース、#19西田が得点し14-19と追い上げる。

その後は一進一退の展開に。#18角野のジャンプシュート、#7長野のピック&ロールから#32シェーファーが決め、#14ユトフのフリースローで4点差に追い上げて、1Qを終える。

・今すぐ読みたい→
早くも「裏日本シリーズ」とささやかれる「あの2球団」の戦いとは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/reverse-side-japan-series/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧