Bリーグ開幕戦、三河が悔しい黒星スタート。名古屋Dに86-101で敗れ、西田優大は「自分がやらなくていけない」

タグ: , , , , 2022/9/30

(c)SeaHorses MIKAWA co.,LTD.

 バスケットボール男子のBリーグは、7年目となるシーズンの開幕戦が9月29日夜、名古屋市のドルフィンズアリーナで行われ、B1の名古屋ダイヤモンドドルフィンズとシーホース三河が対戦した。

 2022ー23シーズンのオープニングシュートは西田優大。三河は順調な立ち上がりを見せるも、名古屋Dのハードなディフェンスの前に得点を伸ばせず。逆転を許し、8点のビハインドで最初の10分を終える。

【関連記事】Bリーグシーホース三河の西田優大が語る「切り替えの大事さ」。東海大伝統の「24時間ルール」って何だ?






 続く第2クォーター、名古屋Dに立て続けに3Pシュートを決められて、追いつくことができない。ダバンテ・ガードナーのフェイダウェイで踏みとどまるも、名古屋Dに傾いた流れを変えられず、残り2分半の段階で27ー45と15点のビハインドを背負う。

 後半の立ち上がりは、西田が3Pシュートで反撃の狼煙を上げる。激しい点の取り合いが続く中、シェーファーアヴィ幸樹がルーズボールに飛び込み、そこからファストブレイクに転じてカイル・オクインがイージーレイアップでチームを勢いづけると、残り3分に西田がコーナー3Pシュートを射抜いて再び10点差までで詰め寄る。しかし残り1分から連続失点し、63ー79で最終Qを迎えた。

 最後の10分、西田のドライブ、中村太地の3Pシュート、ブランドン・ジャワトのリバウンドで追走するも、名古屋Dの得点を止められず、点差を21点に拡大される。オクインがミドルシュートなどで6点を挙げて意地を見せたが、15点差でタイムアップ。悔しい黒星スタートとなった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧