B1リーグ・三河、昨年のBリーグ王者、宇都宮に悔しい連敗を喫す

タグ: , , , , 2022/11/21

 11月19日(土)、11月20日(日)シーホース三河は、昨シーズンのBリーグ王者、宇都宮ブレックスをスカイホール豊田に迎えた。

 19日に行われたGame1、第1Qは開始早々、宇都宮に2連続で3Pシュートを決められるなど苦しい立ち上がり。その後一進一退の攻防を続けるも、12-22で終える。第2Qに入ると、シモンズが攻守にわたって躍動。一時は27-27の振り出しに戻す場面も。しかし終了間際に立て続けに得点を決められて31-37で終了した。

 流れを変えたい3Qだが、ここでも差は詰められず47-58で最終Qへ。最終4Qも宇都宮の勢いは止まらず、一時はガードナーや西田の奮闘もあり、一桁得点差に詰め寄る場面もあったが、最終的には突き放され、69-81で悔しい敗戦となった。

【関連記事】Bリーグシーホース三河の西田優大が語る「エースとしての自覚」と「プレッシャーへの対応」





 何とか巻返したい20日のGame2、三河は立ち上がりの第1Qから気迫のこもったスピーディーなプレーを見せた。残り1分半となった場面では角野、長野も3Pシュートを立て続けに決めるなど、17-17と互角の戦い。迎えた第2Qはさらに勢いづく。チーム全体が躍動したオフェンスで得点を重ね、36-35と宇都宮を押し切った。

 一進一退の攻防が続く中、第3Qでは序盤に西田が3Pシュートを決めるも、段々と流れが宇都宮に傾いていく。49-51で逆転を許し終了。
意地を見せたい最終第4Qはこのカードから復帰した橋本が待望のシュートを決め、アリーナの熱気は最高潮に達する場面も。この流れでいきたいところだったが、宇都宮に連続3Pシュートを許してしまい、65-74で敗戦。随所に光るプレーは見せたが、課題も感じさせた試合となった。

―試合結果―
2022年11月19日(土)
三河 ● 69 – 81 〇 宇都宮
(三河通算成績 4勝6敗)

1Q 三河 12–22 宇都宮

シュートを決めきれず重苦しい展開に

スターティング5は、#4細谷、#9ローレンスⅡ、#19西田、#22シモンズ、#32シェーファー。

開始直後、いきなり#19西田と宇都宮#6比江島のマッチアップが実現し、三河の新旧エース対決といった様相を見せる。

#22シモンズのディフェンスリバウンドから、幸先よく#9ローレンスⅡが得点。

その後もオープンでシュートを打つチャンスを作るが、なかなか決め切ることができない。

スコアが伸びず重苦しい時間が続くと、開始5分に宇都宮に2連続で3Pシュートを決められて、3-13と10点ビハインドを喫しタイムアウト。

その後は、#54ガードナーの見事なアシストから#9ローレンス Ⅱが得点し、少しずつオフェンスのリズムを掴んでいく。

残り1分を切ったところで、#7長野、#13ジャワト、そして怪我から復帰しした#21橋本がコートに立つと、その姿に大きな歓声が起こる。

1Qは3Pシュートの成功が1/10と苦しみ、12-22で終える。

2Q 三河 31–37 宇都宮(三河 19-15 宇都宮)

2ブロックに豪快なダンクと、シモンズが攻守で躍動する

スタートは、#7長野、#13ジャワト、#18角野、#21橋本、#54ガードナー。

#54ガードナーがバックダウンのフェイダウェイからシュートを決め、#13ジャワトもフリースローを誘い得点。

開始2分半には、復帰した#21橋本がファーストショットを打つが惜しくも外れる。

1Q以上にテンポが良くなり、#13ジャワトの激しいディフェンスからリズムが生まれ、宇都宮にイージーなシュートを打たさない。

徐々にオフェンスのペースも掴み、開始5分、#13ジャワト、#3柏木とボールが回り、#3柏木はディフェンスをフェイクで飛ばして、#22シモンズへ華麗なアシスト。

シモンズの豪快なボースハンドダンクが決まり、試合を27-27の振り出しに戻す。

一気に畳み掛けたいところだが、その後は一進一退の攻防が続き、終了間際に立て続けに得点を決められて、31-37で2Qを終えた。

3Q 三河 47–58 宇都宮(三河 16-21 宇都宮)

攻守にリズムが生まれず、徐々にリードを広げられる

スタートは、#4細谷、#9ローレンスⅡ、#19西田、#22シモンズ、#32シェーファー。

前半同様、キックアウトからチャンスを作っていくが、なかなか3Pシュートが決まらず、我慢の時間が続く。

エナジーあふれるチームディフェンスで、ターンオーバーを誘うことに成功すると、開始4分には#19西田が3Pシュートを決めて、40-43のワンポゼッション差に。

このまま差を詰めたいところだが、その後のシュートが入らず、なかなか得点を伸ばすことができない。

終盤に、#54ガードナーが3Pシュートや力強いユーロステップで得点を重ねるが、終始、宇都宮のペースで進んでしまい、47-58で3Qを終える。

4Q 三河 69–81 宇都宮(三河 22-23 宇都宮)

ガードナーや西田が奮闘するも、反撃及ばず敗戦

スタートは、#7長野、#13ジャワト、#18角野、#21橋本、#54ガードナー。

開始3分、セカンドチャンスから#19西田が3Pシュートを成功させ、さらに#1中村がトランジションオフェンスからフリースローを獲得して2本とも成功。

開始4分には、#54ガードナーがこの日2本目の3Pシュートを決めて、58-66と差を詰めていくが、オフィシャルタイムアウト前に宇都宮#18 鵤にブザービーターで3Pシュートを決められてしまい、58-73とこの試合最大となる15点のビハインドを背負う。

その後は、#54ガードナーや#19西田が奮起し、再び一桁得点差に詰め寄るものの、残り1分、ここまで3得点に抑えていた宇都宮#6比江島に3Pシュートを決められて、ゲームを決定づけられる。

#22シモンズが加入直後から存在感を示し、怪我から#21橋本が復帰するなど、明るい話題も多い試合だったが、69-81で悔しい敗戦となった。

シーホース三河 ヘッドコーチ 鈴木貴美一  試合後コメント

今日は1Qと3Qの入り方が悪くて、それでもカムバックはしたんですが、3Pシュートの差が出たかなと思います。

我々は良い状態で打ったものが入らないけれど、宇都宮さんはしっかり決めるところで決めていました。

明日はまた違う展開になると思いますが、しっかりスカウティングして勝てるように頑張ります。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧