B1リーグ・シーホース三河、FE名古屋と白熱した愛知ダービーを繰り広げる

タグ: , , , , 2022/12/26

 シーホース三河は、12月24日(土)、25日(日)、FE名古屋との初の愛知ダービーとなる試合を敵地の名古屋市枇杷島スポーツセンターで戦った。

 Game1の第1Qは固い守りから攻撃につなげる完璧な立ち上がりで、開始2分で10-0と大量リードを奪う。なおも細谷が3Pシュート、ガードナーがパワーアタックで対抗するなど、27-18とリードし、終了。

 迎えた第2Qもディフェンスで我慢しつつ、長野がディフェンスリバウンドからテンポを上げ、柏木がファストブレイクで加点。流れを引き戻すと、終了間際に角野がコーナーから3Pシュートを決めて、43-36で折り返す。

 第3Q、名古屋はジョーンズを中心に反撃するが、ガードナーのポストアップを起点にオフェンスを展開。終盤には柏木がドライブ、ボーナススローの連続得点。65-51と一気に突き放す。迎えた第4Qも主導権を譲らない。残り4分半、西田のスティールからローレンスがダンクを叩きこむなど、85-71で快勝した。

【関連記事】Bリーグシーホース三河の西田優大が語る「エースとしての自覚」と「プレッシャーへの対応」





 25日のGame2、前日に敗れた名古屋が猛攻を見せる。第1Qは開始2分で名古屋に0-10と劣勢を強いられる。イージーシュートを決めきれないなどのミスも響き、17-22で終了。第2Qはガードナーの連続得点などで盛り返すも名古屋の勢いは止まらず36-45で折り返す。

 このまま引き下がるわけにはいかない三河は第3Q、角野のファストブレイク、3Pシュートで食らいつくも一進一退の攻防を続ける。終盤、追い上げ、58-60と2点差で終了。最終第4Qは名古屋の激しいディフェンスにも阻まれ、一時は2桁ビハインドをつけられるも、長野の連続3Pシュートなどもあり、一時は2点差に迫った。しかし最後は名古屋・中村の連続得点で突き放され、72-79とあと一歩及ばなかった。

―試合結果―
2022年12月24日(土)
FE名古屋 ● 71 – 85 〇 三河
(三河通算成績 10勝12敗)

1Q FE名古屋 18–27 三河

堅守からアップテンポな攻撃につなげる完璧な立ち上がり

スターティング5は、#7長野、#18角野、#19西田、#22シモンズ、#54ガードナー。

#19西田とのコンビネーションで#22シモンズが先制点を挙げると、堅守から速い展開に持ち込んで#54ガードナーがゴール下、#7長野と#18角野が3Pシュートで得点を重ね、開始2分で10-0とロケットスタートを見せる。

#54ガードナーがフリースローを決めると、ホームのような力強い“三河リズム”が枇杷島スポーツセンターに響き渡る。FE名古屋に4点差まで追い上げられても、名古屋まで駆けつけたたくさんのファン・ブースターの“青援”を力に、#4細谷が3Pシュート、#54ガードナーがパワーアタックで対抗。終盤にもFE名古屋#13中村に連続で7得点を決められるが、#4細谷、#13ジャワトが立て続けに3Pシュートを射抜いて、9点リードで最初の10分を終える。

2Q FE名古屋 36–43 三河(FE名古屋 18–16 三河)

ディフェンスで我慢し、7点リードで後半へ

スタートは、#1中村、#4細谷、#13ジャワト、#22シモンズ、#54ガードナー。

FE名古屋#14ウィリアムズ、#18相馬の得点で先手を取られるが、#1中村のキックアウトから#13ジャワトが3Pシュートを射抜いて主導権を渡さない。

その後はやや得点のペースが落ちるも、ディフェンスで我慢し、#9ローレンス Ⅱ、#21橋本のフリースローでリードを保つ。FE名古屋#14ウィリアムズに豪快なダンクを決められるが、#54ガードナーが厳しいディフェンスを受けながらもパワーで押し込んでお返しする。

#7長野がディフェンスリバウンドからテンポを上げ、#3柏木がファストブレイクで加点。流れを引き戻すと、終了間際に速いボールムーブから#18角野がコーナー3Pシュートを決めて、36–43で試合を折り返す。

3Q FE名古屋 51–65 三河(FE名古屋 15–22 三河)

ガードナーを起点にしたチームオフェンスでリードを拡大

スタートは、#7長野、#18角野、#19西田、#22シモンズ、#54ガードナー。

FE名古屋は#22ジョーンズを中心に反撃するが、#54ガードナーのポストアップを起点にオフェンスを展開。ダブルチームで対応されればキックアウトして#7長野の3Pシュートをアシストし、#7長野との2メンゲーム、相手ディフェンスのズレを突いてドライブと連続得点を挙げて点差を広げる。

FE名古屋はタイムアウトを取るが、#22シモンズがFE名古屋#3エヴァンスのシュートをブロックショットで防ぎ、残り2分半に#19西田がミドルシュートを決めて46-56とリードを二桁に拡大する。

さらに#3柏木がドライブ、ボーナススローの連続得点。残り1分にはディフェンスリバウンドから#19西田がプッシュし、#3柏木がレイアップで決めて48-64と一気に畳み掛ける。

4Q FE名古屋 71–85 三河(FE名古屋 20–20 三河)

終始主導権を握り、14点差で完勝

スタートは、#3柏木、#4細谷、#9ローレンス Ⅱ、#21橋本、#54ガードナー。

FE名古屋は#3エヴァンス、#14ウィリアムズが粘りを見せるが、#9ローレンス Ⅱがダブルチームをものともせずバスケットカウントを奪い、#21橋本が3Pシュートを射抜いて点差を詰めさせない。残り4分半、#19西田のスティールから#9ローレンス Ⅱがダンクを叩き込んで20点差を築く。

2分半を残して#54ガードナーがファイルアウトになるが、時計を進めながら#9ローレンス Ⅱが3Pシュート、#19西田がドライブ、#9ローレンス Ⅱがバスケットカウントと得点を積み上げ、最後まで主導権を握ったまま 71–85で快勝した。

シーホース三河 ヘッドコーチ 鈴木貴美一  試合後コメント

FE名古屋さんは今シーズンB1に上がったチームですが、非常に強いチームだと思います。

そのチームに対して我々は良いディフェンスとオフェンスができたかなと思っています。

今日は、選手も危機感を持って挑んだので、最後はミスをしてしまいましたけれど結果的には、勝つことができて良かったです。

明日は今日と違う展開になってくると思うので、気を引き締めて頑張ります。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧