多くの球団からオファーがあった秋山翔吾はなぜシンシナティ・レッズを選んだのか?

タグ: , , 2020/1/15

 シンシナティ・レッズに入団した秋山翔吾選手は、2019年シーズンまで埼玉西武ライオンズに所属していた外野手である。

安定してヒットを積み重ねてきて、安打製造機とも呼ばれているほどだ。最多安打やベストナインなど、さまざまな記録や賞を受賞している。打撃だけでなく華麗なる守備や足の早さも魅力の一つで、走攻守三拍子揃った選手だ。

そんな秋山は海外FA権を行使し海を渡る決断をした。見事にメジャーへの夢を叶え、レッズに入団が決定したのである。

背番号は4に決まっている。ライオンズファンからの信頼も厚く、「いってらっしゃい」「ずっと応援してます」「がんばれー!」など、前向きな意見ばかりがネットでも目立つ。まさに秋山の人柄ゆえだろう。

多くの球団からオファーがあった秋山はなぜシンシナティ・レッズを選んだのか?


秋山はいくつかのメジャー球団からオファーがきていたが、レッズに入団した決め手は何だったのだろう。

いくつか理由があるそうだが、一番初めに声を掛けてくれたことが大きいようだ。

レッズの幹部は数年前から秋山のメジャー挑戦を見越して調査をしていたという。

その熱意が伝わったのも一つの大きな要因だろう。

レッズは多くのメジャー球団の中で唯一日本人選手が試合に出たことがない球団という点も、決め手の一つになったようだ。

・今すぐ読みたい→
西武・秋山がレッズと契約合意 過去最も多くの日本人選手がプレーしたメジャーのチームは・・・(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shogoakiyama-contract-agreement-reds/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧