「どんなオーナーも迎えたいはずだ」エンゼルス身売り報道で大谷翔平のトレード説が再燃!残留なら「約685億円を支払う可能性」と米紙が言及

タグ: , , , 2022/8/24

(C)Getty Images

 現地時間23日(日本時間24日)にエンゼルスのオーナー、アルテ・モレノ氏が球団売却の意向を表明したことをうけ、大谷翔平の去就に関する報道が過熱している。米メディア『NEW YORK POST』紙は「モレノがエンゼルスを売却することは、ショウヘイ・オオタニにとって何を意味するのか?」と銘打ったレポートを掲載。記事中で「最大のスターに影響を与えるかもしれない」と大谷の今後について見解を示した。

【関連記事】原巨人 今オフFA戦線に参戦か ターゲットに浮上した「選手の名前」






「この決断は、チーム全体に波紋を広げることになる」とした同紙は、「特に期限間際にトレード話が持ち上がったスター選手、ショウヘイ・オオタニに影響が及ぶ」と言及。今夏はモレノ氏の反対によってトレードが実現しなかったものの、球団売却によってオーナーが替われば実現の可能性が出てくると指摘した。

 MLBの歴史を塗り替え続ける二刀流スターについて、「どんなオーナーもオオタニほどの選手をチームに迎えたいはずだ」と高く評価する同紙は、「もしエンゼルスが彼をトレードすることになれば、その見返りは莫大なものになるだろう」とする一方で、もう一つの可能性としてチーム残留についても下記のように綴っている。

「あるいは、オオタニの残りのキャリアをアナハイムに留めるために、新オーナーが5億ドル(約685億円)を支払う可能性もある。オオタニは在籍中にまだプレーオフに進出したことのないチームに残留しなければならないが、新オーナーは新しい方向へ進むことを納得させられるかもしれない」

 いずれにせよ、2023年シーズン終了後にFAの権利を得る大谷が、大型契約を得るのは間違いないだろう。それがどの球団になるのかは、今後の動向を注意深く見守る必要がありそうだ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】原巨人 「このままではおかしくなる」有力OBからも批判された継投の「問題点」とは
【関連記事】巨人が高松商・浅野翔吾をドラフト1位で行くべき3つの理由
【関連記事】代打出場の大谷翔平、三振に倒れるも規定打席の「502」に到達!史上初の”投打規程クリア”まで残り「41」イニングに

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧