「なんて危険な打球なんだ!」エンゼルス・大谷2打席連続アーチは米球界驚愕の弾道描く

タグ: , , 2022/5/30

(C)Getty Images

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は29日(日本時間30日)に本拠地で行われたブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発出場。初回の第1打席に6試合ぶりとなる10号アーチをマークすると勢いは止まらず。続く3回の第2打席でもホームランを放った。

【動画】驚愕の2打席連続アーチ!球場熱狂の11号を放った大谷

 最近5試合では17打席ノーヒットと不振にあえいでいた大谷が突如、目覚めた。初回の第1打席、右腕べリオスのカーブをしっかり捉えると打球は右中間スタンドへ飛び込む10号ソロをマーク。節目の2桁本塁打はシーズン4度目、これは日本人選手では松井秀喜氏の7度に次ぐ記録となった。

 6試合ぶりに快音を響かせると勢いは止まらない。米球界驚愕の一発となったのは3回の第2打席。無死一塁で打席に入った大谷はカウント2―2から同じくべリオスの高めフォーシームを思い切って振りぬくと打球はぐんぐん伸びて、センター後方の生け垣を越える飛距離130メートル、打球速度172キロの豪快な一発。チームを勢いづける11号2ランを放つと、これには中継を務めた解説者も「なんて危険な打球なんだ!」と絶叫。本拠地エンゼル・スタジアムのファンも大熱狂の2打席連続アーチとなった。

 1試合2発は今季3度目。先週の月曜日も日米通算150号を放ち、早朝から日本人ファンを喜ばせた大谷。再びの「おはよう大谷」は2打席連続弾、驚愕の豪快アーチと週明けから明るいニュースを届けている。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】「カーブは絶品だったが…」大谷翔平が5失点したのはなぜ?“日本一の投手コーチ”佐藤義則が徹底検証
【関連記事】なぜ安田? 疑問だらけのオールスターファン投票ノミネートはNPB自ら球宴の権威を損ねる行為
【PHOTO】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧