大谷翔平が日米通算1000奪三振を達成!104年ぶり偉業に向け、3回時点で1-0リード

タグ: , , , 2022/8/10

(C)Getty Images

 エンゼルスの大谷翔平は現地9日(日本時間10日)、敵地でのアスレチックス戦に「2番・投手兼DH」のリアル二刀流で出場。3回までに3個の三振を奪い、日米通算1000奪三振を達成した。

【動画】圧巻のバッティングセンス!ボール球を見事にすくい上げた圧巻24号アーチはこちら






 2回に5番ピンダーを88・4マイルのスプリットで仕留めた大谷は、3回にも87・5マイルのスプリッターで7番ブライドから三振を奪う。この時点で日米通算1000奪三振を達成。さらに大谷は9番アレンを90・3マイルのスプリットで切って取った。日本ハム時代に624の三振を奪っている二刀流は、この試合の前まででメジャー通算374奪三振を挙げており、日米通算1000奪三振まであと2奪三振としていた。

 前回登板の3日(同4日)アスレチックス戦では、5回2/3を投げて7安打3失点。99球中61球とスライダーを多投したが、今日は勝負球にスプリットを使っており、ピッチング内容を変えているようだ。

 試合は3回を終えて1-0でエンゼルスがリードしている。3回表に新加入ダガーの三塁打などで援護を貰った大谷は、3回裏のピンチを気迫のピッチングで切り抜けた。この試合で勝てば1918年のベーブ・ルース以来、104年ぶりの2桁勝利&2桁本塁打を達成。また、一発が出れば、メジャー通算118本塁打となり、イチローを超えて日本人単独2位に浮上する。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】DeNA・大田が移籍後初サヨナラ!ノンテンダー組の秘めた「思い」とは
【関連記事】ヤクルト村上宗隆の“抑え方”をレジェンド佐藤義則が分析!配球は「1球目は外のボール、最後は縦の変化で内野ゴロ」
【関連記事】SB衝撃!親会社が赤字3兆円でささやかれる「球団経営」への深刻な影響とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧