「世界最高の舞台をリトルリーグにした」米老舗誌が大谷翔平をMVPに猛プッシュ!「ルースでさえも達成したことがない」

タグ: , , , 2022/10/6

(C)Getty Images

 “投打W規定”到達で、大谷翔平がMVPにふさわしいという声も多数見られる。

 現地10月5日(日本時間6日)、エンゼルスの大谷翔平は敵地オークランド・コロシアムで行われたアスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。5回1失点のピッチングを見せ、負け投手にはなったものの、今季の投球回が「166」となり、史上初の“投打W規定クリア”を達成した。

【関連記事】原巨人 打撃コーチ総退陣でも「貧打」が解消されない「理由」






 4日(同5日)には、ヤンキースのアーロン・ジャッジがア・リーグのシーズン記録を61年ぶりに更新する62号本塁打を放った。歴史的な記録を更新する2人に対して、現地メディアやファンの間で過熱しているのが“MVP論争”だ。

 米スポーツメディアの『Sports Illustrated』は公式Twitterで「オオタニがア・リーグMVPを獲得すべき理由を説明します」とツイートし、「ショウヘイ・オオタニはアーロン・ジャッジを抑えてア・リーグMVPを受賞するにふさわしい」というテーマの記事を投稿。記事には「オオタニがやっていること、そして2年連続でやっていることは、誰もやろうとはしない。彼の偉業はあまりに稀で、比較対象が1人しかおらず、大谷の偉業を正当に評価することはできない」とし、「オオタニは世界最高の野球舞台を、まるで自分だけのリトルリーグにした」とした。

 また、現地紙『Los Angeles Times』も「ジャッジが今年達成したことは、以前から行われていたことだ。ジャッジの62本塁打は、バリー・ボンズの1シーズン記録にあと11本足りない。サミー・ソーサは3度、マーク・マグワイアは2度、ジャッジの記録を更新している」とし、「オオタニがやっていることは、ベーブ・ルースでさえも、これまで達成したことがないのだ」と、大谷の記録が“史上初”であることに注目し、こちらも大谷を擁護していた。

 今シーズン歴史的な数字を残した大谷とジャッジ。果たしてどちらのスターに“MVP”の勲章が渡るのだろうか。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】偉業達成の大谷翔平とジャッジによるMVP争いに米放送局が見解「2人同時受賞の可能性も」

【関連記事】原巨人 「勝利至上主義」でふるい落とされる「選手の名前」

【関連記事】「東洋のアーロン・ジャッジだ」本塁打記録更新の村上宗隆をドミニカメディアも激賞!「日本球界の伝説を上った」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧