「自分自身で援護!彼は人間じゃない!」二刀流出場の大谷翔平、自らを助ける2点適時打を敵メディアも称賛!

タグ: , , , 2022/7/7

大谷が、今夜も二刀流のショータイムを披露した。(C)Getty Images

 現地時間7月6日(日本時間7日)、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は、敵地ローンデポ・パークで行われたマイアミ・マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」の二刀流で出場。打者としては、見逃し三振、サードゴロ、レフト前ヒット、四球、レフトフライと4打数1安打。一方投手としては、7回を投げ、2安打10奪三振、自責点0の快投。5-1の勝利に貢献し、自身8勝目を挙げた。

【動画】「彼は人間じゃない」と敵メディアも感嘆!大谷翔平が自らを援護する2点タイムリーをチェック!

 大谷は初回、味方のエラーもからみ2、3塁のピンチを迎えると犠飛を打たれ、4戦ぶりの失点を喫した。しかし、その後はわずか2安打に抑える完璧なピッチングで抑えた。

 打者としては、第1打席、第2打席と凡退して迎えた5回の第3打席。ヒットや死球などで2死満塁の大チャンスを迎えると、2番・トラウトの押し出し死球で同点に。なおもチャンスで大谷の打席が回ってくると、2-2と追い込まれた5球目の外角高めの97マイル(約156.1キロ)を強打。この打球が三遊間をキレイに破る勝ち越しの2点タイムリーとなった。

 ガッツポーズと雄叫びも飛び出した大谷のこのタイムリーヒットに、現地アメリカのメディアもすぐさま反応している。

『FOX SPORTS』のアナリストで大の大谷ファンであるベン・バーランダー氏は、「ショウヘイ・オオタニ自らを助ける2点タイムリー!!」と、大谷の活躍を興奮の様子で伝えれば、エンゼルスの地元紙『Orange County Register』のジェフ・フレッチャー記者は、「ショウヘイ・オオタニが2点適時打。エンゼルスはこのアウェー連戦で初の複数得点回になった」と、大谷の1打がチームにとっても久しぶりとなる複数得点だったことを速報した。さらに、敵地マイアミ州のTV局『WPLG-TV』のキャスターを務めるデビッド・ラング氏は、「オオタニ:彼自身を彼自身で援護した。彼は人間じゃない」と、二刀流の活躍を驚きと称賛のツイートで称えた。

 打者としても値千金の適時打を放ち大きな注目を集めた大谷。6月から続く『無双状態』はまだまだ続きそうだ。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】新庄ハム 5年ぶりの借金「20」 好転しない裏にある「ちぐはぐ采配」とは
【関連記事】巨人・坂本勇人 再度の離脱危機 漏らしていた「不安」と「今後の道」
【フォトギャラリー】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧