「スバラシイ!!」大谷翔平が”ノーノー未遂”の圧倒的なピッチングを披露 レジェンドOBも興奮「MLB最高の選手だ!」

タグ: , , , 2022/9/30

(C)Getty Images

 日本が誇る二刀流が、MLB通算132勝のレジェンドOBも驚かせる衝撃のピッチングを見せた。

 エンゼルスの大谷翔平は、現地9月29日(日本時間30日)に本拠地で行われたアスレチックス戦に「3番・投手」で先発登板。8回2安打10奪三振の快投で、日米通じて自身最多タイとなる15勝目を記録した。

【動画】驚愕のスライダーやツーシームでアスレチック打線を滅多切り!大谷翔平が奪った「10個の三振」の映像を一気にお届け!






 この日の大谷は初回から相手打線を封じ、8回までノーヒットピッチングを披露。2死までアウトを重ねたものの、アスレチックスの6番打者コナー・カペルがショートへライナー性の打球を放ち、これが内野安打となった。ノーヒットノーランという大偉業は逃したものの、8回を投げきり、今シーズン15勝目を手にした。

 大谷の圧倒的なピッチングに、現地メディアやファンに加え、球団レジェンドOBも反応。通算132勝のマーク・グビザ氏は自身のTwitterで「MLBで最高の選手による信じられないほどの努力を目の当たりにしました!!オオタニサンは8回2死でノーノー!!8イニング無失点10奪三振!!」とツイートし、続けて「最高の選手だ!」と反応した。また、大谷が活躍すると、グビザ氏が「Sugoi(スゴイ)」と投稿するのが恒例となっているが、圧巻の投球を見せたこの日は「Subarashii(スバラシイ)」とツイートしていた。

 グビザ氏のツイートに「なんて素晴らしいゲームだろう。ショウヘイは驚異的だった」「なんてパフォーマンスだ。オオタニのような人を見たことがない」といった現地の多数のファンから反応が寄せられた。また、「あと1イニングを投げて、(規定投球回数の)162回を到達する可能性はある?」というファンの問いかけに、グビザ氏は「彼は162イニングを投げられるだろう!!」と偉業達成を予言した。

 最終戦となる現地10月5日(日本時間6日)のアスレチックス戦で次回登板が予想される大谷。今季最終登板で偉業を達成し、グビザ氏に「Subarashii」と言わせることに期待したい。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】巨人・岡本 指揮官が指摘する「中田を抜けない理由」とは

【関連記事】西武・内海が第二の働き場所として「巨人を選ばない理由」とは

【関連記事】大谷翔平、8回途中までノーノーの快投にMLB公式が脱帽「ショウヘイを目の当たりにできる幸運に感謝」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧