大谷翔平、8回途中までノーノーの快投にMLB公式が脱帽「ショウヘイを目の当たりにできる幸運に感謝」

タグ: , , , 2022/9/30

(C)Getty Images

 現地9月29日(日本時間30日)、エンゼルスの大谷翔平は本拠地で行われたアスレチックス戦に「3番・投手」で先発出場。投手では、8回途中までノーヒットピッチングを披露するなど圧巻の投球で、今季15勝目を記録。打者では、初回に自らを援護するタイムリーヒットを放つなど、2安打1打点の活躍だった。

 大谷は初回から得意のスライダーを武器に、4回から4者連続三振を奪うなどアスレチックス打線を翻弄。8回2死まで安打を許さない投球を続けたが、相手の6番打者カペルに内野安打を許し、日本人投手としては3人目となるノーヒットノーランの快挙を逃した。しかし、後続を打ち取り、この日は8回2安打10奪三振を記録。規定投球回まで残りイニングを「1」とし、偉業達成に王手をかけた。

【動画】驚愕のスライダーやツーシームでアスレチック打線を滅多切り!大谷翔平が奪った「10個の三振」の映像を一気にお届け!






 大谷の快投に現地メディアも続々と反応している。MLB公式Twitterは大谷が三振を奪う動画と共に、「こんな夜こそ、ショウヘイ・オオタニを目の当たりにできる幸運に感謝しなければならない」とツイートすれば、米スポーツ専門局『FOX Sports』アナリストで“大谷マニア”で知られるベン・バーランダー氏も「感謝・・・感謝」とコメント。また、ベン氏は自身のTwitterで「ショウヘイ・オオタニは史上最も才能のある野球選手。史上最高?まだです。長く活躍することが必要。でも、彼はその道を歩んでいる」とツイートした。

 この投稿にファンからは「彼は史上最も才能がある。彼がゲームのあらゆる面でやっていることは驚くべきことだが、それでも過小評価されているように感じる」「彼はすごい !私はヤンキーファンであり、明らかにアーロン・ジャッジを誇りに思っているが・・・彼がこれほどの投球ができ、素晴らしい打者になるなんて信じられない!」といったコメントで溢れていた。

 またしても大谷は圧巻の投球で現地のメディアやファンを魅了した。次回は、史上初の“投打W規定クリア”に挑む。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】巨人・岡本 指揮官が指摘する「中田を抜けない理由」とは

【関連記事】西武・内海が第二の働き場所として「巨人を選ばない理由」とは

【関連記事】「見たこともない成績だ」大谷翔平が打席数&投球イニングの両方でチームトップ!146年ぶりの偉業に現地メディアも感嘆

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧